リクルートホールディングス <6098> が中小企業向けの新たな金融サービス(融資事業)を8月末から始める。旅行予約サービス「じゃらんネット」に参画している宿泊施設の運営企業を対象に貸し出すという。事業者は、昨夏設立された子会社のリクルートファイナンスパートナーズだ。中小企業経営者向けに、経営に必要な資源・情報サービス・ソリューションを提供するため「Partner」ブランドを立ち上げている。

事業の特徴は、融資申し込みから審査、入金まですべてオンラインで完結することだ。リクルートは、「じゃらん」を通じて各宿泊施設の予約状況などを把握している。この商取引データを持つ強みとフィンテックを活用することで、迅速な融資実行を目指す。

中小企業の日々のニーズに応える「Partnerローン」

リクルート,貸金業,新規参入
「じゃらんnet」に参画する宿泊施設に先行提供する(画像=じゃらんnet)

中小企業は金融機関の融資をスムーズに受けにくいのが現実である。リクルートはその中でも、宿泊施設が閑散期の資金繰りに苦しんでいる点に着目した。

「Partner」ブランドの第1弾として今回、総合情報提供サービス「Partnersクラブ」と、オンライン完結型の融資事業「Partnersローン」を、同社の旅行予約サービス「じゃらんnet」に参画する宿泊施設の事業向けに先行して提供することになる。

「Partnersクラブ」は、ヒト・モノ・カネの経営資源情報を提供する会員制サービス。会員になると、経営資源の強化・調達に関する情報提供、各種ソリューションサービスの紹介、会員向け特典などが利用できる。

8月中にメールマガジン「Partnersクラブマガジン(仮称)」を旅行業界向けに創刊。食泊施設経営者向けに、設備投資やリフォーム、補助金などの情報や、経営課題の解決に役立つ情報を提供する。またオンライン融資「Partnersローン」は、リクルートグループが保有する、ビッグデータ解析とAI活用によって、与信モデルを構築した独自の融資サービスになるという。

リクルートグループが始める貸金業は、既存の金融機関のサービス形態とは異なる新しい市場を生み出す可能性を秘めているといえそうだ。(長瀬雄壱 フリージャーナリスト、元大手通信社記者)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)