ソフトバンクの国際テクノロジーファンド部門、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが、インドの大手eコマースFlipkartに推定25億ドル投資する。

Amazonのインド市場進出に圧倒されていたFlipkartだが、Microsoftやテンセントなどからも総額14億ドルの出資を受けており 、これを機に本国で再び士気が上がると期待されている。

Flipkart「バランスシート上の現金が40億ドル以上に」

ソフトバンク,eコマース,インド
(写真=Thinkstock/GettyImages)

ソフトバンク・ビジョン・ファンドによる正確な投資額は明らかにされていないが、ブルームバーグが報じた関係者の証言によると15億ドルがFlipkartに直接投じられ、10億ドルがFlipkart最大の株主であるタイガー・グローバル・マネージメントの保有株の買収に投じられる。

総額25億ドルの投資により、ソフトバンクがタイガー・グローバル・マネージメントに代わる主要株主になる。Flipkartは4月にもテンセントやMicrosoft、eBayから14億ドルを調達しており、「現金残高が40億ドルを上回る」との声明を自社サイトで発表している。

一方ソフトバンクは2017年だけでもすでに40億ドル以上、インドのスタートアップのエコシステムに投資しているという(インディアン・タイムズ紙より)。同社のインドにおける投資分野は決済からeコマース、配車サービス、SNSなどへと拡大している。

50億ドルをインド市場に投じるAmazonとの一騎打ち?

ソフトバンクの精力的なインド市場進出を目の当たりにし、同じくインドでの勢力拡大を狙うAmazonとの一騎打ちが予想される。

Amazonは今後5年で年間30%の成長率を期待し、自社のインド事業の拡大に50億を投じる意向を示している。

インドのリサーチ会社フォレスターのシニア・アナリスト、サティシュ・ミーナ氏は、「今後3、4年の資本力という観点で、FlipkartとAmazonが同じ土俵に立てる」と見ているが、「Amazonに勝てるライバルはいない」 とのアルテリア・キャピタル・アドバイザーのマネージング・パートナー、ヴィノド・ムラリ氏 のような意見もある。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドは16年に、世界中の革命的なビジネスやテクノロジーへの投資を行う目的で、ソフトバンクが立ち上げた。2021年で少なくとも250億ドルの出資を予定している。

Flipkartは設立から10年 にわたり、インドのeコマース市場をリードして来た。10万を超える加盟小売業者から、Amazon顔負けの幅広い商品ラインアップを取り扱っている。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)