2017年夏は冷夏と雨続きのため、アウトドアなど屋外での楽しみの機会が減ってしまった。実際、梅雨にカンカン照りの天気が続いたり、本来晴れ続きになるはずのお盆時期に雨が続くなど変則的な天気が続いている。

しかし9月以降の秋口になると湿度も低くなり、過ごしやすい気候が続くため、山登りや釣りなどアウトドアにチャレンジする機会も増えてくるだろう。ここではアウトドアに関係する企業を7社ご紹介したい。また、株主優待を実施している場合にはその旨を明記する。(株価は8月31日終値。株主優待情報は8月20日)

(1)スノーピーク <7816>

アウトドア関連銘柄,株主優待
(写真=PIXTA)

「人生に野遊びを」をテーマにライフスタイルとアウトドアの融合を提唱。本格的でシンプルなアウトドア用品の販売を行う。アパレルなど幅広く展開。

【株価】2764円
【最低投資金額】100株保有で27万6400円
【株主優待】権利確定12月末
(1)100株以上 株主限定商品購入権
(2)写真集「the snow peak way」300株以上1冊(保有株数によって冊数増)

(2)ヒマラヤ <7514>

同社は、キャンプ用品を中心にトレッキング用のシューズやゴルフ、スキー・スノーボードまでを幅広くカバーした製品を扱っている。コールマン、コロンビアなど海外ブランドなども扱う。

【株価】940円
【最低投資金額】100株保有で9万4000円
【株主優待】権利確定 8月末・2月末
自社店舗で使用可能の優待割引券1000円相当
100株以上1枚 500株以上3枚 2000株以上6枚 5000株以上15枚 10000株以上30枚

(3)ティムコ <7501>

同社はフライフィッシングのパイオニア企業。フライとは、昆虫などの疑似餌をつけた針のこと。軽いので水面に浮かんだ状態で魚が食いつくのを待つフィッシングスタイル。釣具からルアー製品など幅広く多数取り扱う。

【株価】532円
【最低投資金額】100株保有で5万3200円
【株主優待】権利確定 11月末
Foxfire Storeで利用可能の20%割引券
100株以上1枚
1000株以上2枚

(4)エービーシー・マート <2670>

同社はスポーツブランド全般のシューズを扱う企業。ナイキ、ニューバランスというタウンシューズからアウトドア用のトレッキングシューズまで幅広く取り扱っている。最近は街中用のランニングシューズのコーナーが一際目立つようになっている。

【株価】5650円
【最低投資金額】100株保有で56万5000円
【株主優待】権利確定2月末
優待割引券
100株保有で3000円分(1000円相当を3枚)
300株保有で5000円分(1000円相当を5枚)

(5)アルペン <3028>

同社はウィンタースポーツを中心に、テニス、野球などのボールスポーツ用品、コールマンなどのアウトドアブランドの販売を行っている。

【株価】2195円
【最低投資金額】100株保有で21万9500円
【株主優待】権利確定6月末・12月末
自社店舗(アルペンなど)及び施設(ゴルフ場)で利用可能の優待券
100株以上 2000円分
500株以上 5000円分
1000株以上 7500円分

(6)ゼビオ <8281>

同社はスポーツ用品全般を取り扱う。Victoria L-Breathにてキャンプ用品、トレッキング用の製品などアウトドア用品販売。傘下にゴルフパートナー。

【株価】2169円
【最低投資金額】100株保有で21万6900円
【株主優待】権利確定3月末・9月末
自社店舗(ヴィクトリア・ゴルフパートナーなど)使用可能な優待割引券
100株 20%割引券1枚、10%割引券4枚
1000株 20%割引券2枚、10%割引券8枚

(7)ヨネックス <7906>

同社は、バドミントン製品に定評のある企業。最近では幅広いジャンルの製品を扱うようになっているようだ。例えばスキーやロードバイクのカーボンフレームなどアウトドア用品を扱っている。

【株価】866円
【最低投資金額】100株保有で8万6600円
【株主優待】権利確定3月末
400株以上保有で自社商品3000円相当3点の中から1点を選択
(3年以上保有で2点選択になる長期保有優遇あり)

アウトドア関連はオリンピック関連としての側面も

一方で海外のアウトドア関連の企業といえば代表的なところだとモンベルやコロンビア、ノースフェイス、コールマンなどが思い出されるはず。日本のスポーツブランドはこれら海外製品を多く取り扱う企業が多く存在している。

またアウトドア製品を扱う企業ではタウンスポーツの商品など多く取り扱う企業も増えてきている。2020年東京オリンピックに向けて、スポーツブランドはオリンピック関連企業としても注目される。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「 インカムライフ.com 」。著書に「 超優待投資・草食編 」がある

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)