中国では、今後俳優の報酬を制限するという。もちろん国家の意志である。国家新聞出版広電総局など5部局が連合で発布した“関于支持電視劇繁栄発展若干政策的通知”に対応した動きだ。経済ニュースサイト「界面」が伝えた。中国のテレビドラマ界には、すぐれたコンテンツが不足している。これは誰もが認めるところだ。一方の製作部門にはどうのような問題があるのだろうか。

「スター中心制」からの脱却

中国経済,界面,芸能界
Li Bingbingなど日本でも知られる俳優が続々と世界に進出している(写真=:magicinfoto /Shutterstock.com)

中国電視劇行業協会は、9月末に「限酬令」を発布した。全俳優の出演料は、総製作費の40%までに限る。主要な俳優への報酬はそのうちの70%に限るというのが骨子である。放送局は、スターの出演料を製作費の基準にしてはならない。これは近年、俳優の高報酬と国産ドラマの低品質が、大衆に悪影響を与えている、という問題意識が背景にある。“スター中心制”は膨張しすぎた。

公開された資料によれば、主演俳優への報酬は、製作費の50~80%を占めているという。トップクラスの出演料は次のようになっている(1元=16.95元)。

「一路繁花相送」という作品では、主演・鍾漢良の出演料は5000万元、同じく江疏影は658万元だった。「那年花開正圓」では、主演女優・孫儷(スン・リー)の出演料は6048万元、同じく陳曉は2750万元だった。「夏至未至」では、主演・陳学冬の出演料は4200万元だった。
2004年、日本でオンエアされたサントリーのCM(ウーロン茶)にも出演している孫儷の1話当たりの出演料は、6年間で5倍になっている。2011年には30万元、2015年は85万元、2017年の「那年花開正圓」では150万元にまで高騰した。

日本の15倍

各国の1話当たり出演料はどうなっているのだろうか。中国で報じられたところによるこのようになっている。

日本
新垣結衣 10万3000元、深田恭子 9万8000元 真木よう子 9万8000元

韓国
全智賢(チョン・ジヒョン) 60万元 李英愛(イ・ヨンエ) 60万元 宋慧喬(ソン・ヘギョ) 36万元

孫俪は新垣結衣の15倍ととなっていて、日本の低さが際立っている。欧米でも中国ほど高騰しないように歯止めを設けている。

米国映画では入場料収入が2億元に達した場合でも、俳優と監督の取り分は最大25%に制限される。フランスでは映画製作費に応じて、俳優の取り分上限が定められている。400万ユーロ以下は15%まで、400~700万ユーロは8%、700~1000万ユーロでは5%である。

外国の映画市場が“製作中心制”であるのに対し、中国は偶像文化と派生した追っかけなどにより“明星(スター)中心制”商業モデルが出来上がっている。

曲がり角にある?

デロイト中国が9月に発表した“2017中国電影産業白皮書”によると2012~16年までの5年間、文化産業企業のIPOは25社だった。ネット関連企業の参入が相次ぎ、中でも映像企業への投資は目立つ。しかし分析によると、この業界の生産能力はすでに過剰だ。また毎年半数以上の作品が違法に上映されている。こうした環境下で視聴率を保証するのは有名俳優だった。

一方で業界は曲がり角を迎えている。2016年中国の映画入場料収入は、前年比3.7プラスの約450億元だった。しかし2015年は48.7%のプラスだった。大ブレーキがかかったのである。観客は従来の作品では物足りず、レベルアップを求めている。“スター中心制”モデルの継続は難しい。文芸繁栄の核は作品の内容であり“創意経済モデル”を共通認識としなければならない、と記事は結んでいる。限酬令はそうした動きの一環だろう。

中国人の製作スタッフは、これまで現代劇は韓流に、ACG(Animation Comic Game)は日本にごっそり持っていかれていた。しかしついに“創意”を発揮するときがやってきた。果たしてどんな作品が登場してくるのだろうか。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)