掃除機メーカーとして世界的に有名な英国のダイソンが10億ポンド(約1514億円)を投じ、2020年代前半までに電気自動車(EV)や全個体電池を開発すると発表した。

創設者ジェームズ・ダイソン氏は発表にあたり、小型で効率性の高く、充電が簡単な全個体電池を同源力とするなど、一般的なリチウムイオン電池で走行するライバル企業のEVとは、「根本的に異なる」革命的な商品になる点を強調している。

全個体電池の、スポーツカーでも安価でもないEV」が目標

ダイソン,EV,全個体電池
(写真=Getty Images)

テスラやダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)を含む大手自動車メーカーが続々とEV開発に取り組む中、高性能な掃除機メーカーとしてのイメージが強いダイソンの市場参入は、若干違和感を感じさせる。

しかし「他社と同じような物を開発するのでは意味がない」というダイソン氏曰く、自社が開発しているのは「全個体電池を利用した、スポーツカーでも非常に安価でもないEV」であり、ライバル企業の商品とは一線を画す予定だ(ブルームバーグ より)。

今回の開発には、これまで同社が掃除機やエアフィルターなどほかの商品開発・研究に投じてきた額を遥かに上回る、10億ポンドが投じられる。実際の商品の完成は2020〜21年を予定している。