業界最大手の「あきんどスシロー」と業界5位の「元気寿司」 <9828> が経営統合に向けた協議に入るというニュースが飛び込んできた。

この統合協議は、元気寿司の親会社である米卸の最大手の神明が主導し、あきんどスシローを運営する「スシローグローバルホールディングス」 <3563> の株式を取得して、落ち込むコメの消費量拡大を図る。今回の統合協議で今後の回転寿司業界の勢力図はどのように変わっていくのか。

スシローとライバル社の差が体一つに拡大

(写真=Thinkstock/Getty Images)
(写真=Thinkstock/Getty Images)

新メニューや店舗のブランディングで激しい競争を繰り広げる回転寿司チェーン各社だが、直近の各社の有価証券報告書からの売上高ベースで比較すると、あきんどスシローが1477億200万円と業界のトップを走る。

その背中をくらコーポレーション <2695> が運営するくら寿司が売上高1136億2635万円、ゼンショーホールディングス <7550> が展開するはま寿司が売上高1090億9300万円で激しく追っている構図だ。

今回、統合協議に入る元気寿司は、売上高は業界5位の349億円で、あきんどスシローとの統合が実現すれば、両社での売上が1826億円となり、2000億円の大台も近づくとともに、スシローと2、3位のくら寿司、はま寿司との差が、現在は頭一つほどだが、体一つほど抜け出ることになる。

【回転寿司チェーン各社の売上高】

順位/店舗/売上高
1. スシロー/1477億200万円
2. くら寿司/1136億2635万円
3. はま寿司/1090億9300万円
4. かっぱ寿司/794億2200万円
5. 元気寿司/349億3657万円

海外市場展開に向けたベストパートナー