ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 1,600記事

新ブランドの創出が日本の課題

ブランド価値トップ100 「トヨタ」は世界第7位 自動車ブランドでは最高位

9月25日、ブランドコンサルティング大手の米インターブランドは、グローバル企業のブランド価値評価のランキングである「Best Global Brands 2017」を発表した。首位は5年連続で米アップルとなった。日本企業ではトヨタ自動車 <7203> の「トヨタ」が7位にランクインしている。

首位は5年連続でアップル グーグルがそれに続く

ブランド,トヨタ,トヨタ自動車
(写真=Bjoern Wylezich/Shutterstock.com )

インターブランドの調査は2000年から行われており、今年で18回目となる。グローバルに展開する企業を対象に、財務分析やブランドが消費者の購買意思決定に与える影響力等からブランド価値を金額に換算し、上位100ブランドを公表している。

首位の座に輝いたのは米アップルであり、2013年から5年連続の栄誉となっている。ブランド価値は前年比3%増の1842億ドル(約20兆6000億円)だ。先端製造技術への10億ドル規模投資に加え、ハードウェアとソフトウェア双方でイノベーションに取り組んでいる点が評価されている。

2位は米グーグルであり、こちらも5年連続の2位となっている。ブランド価値は前年比6%増の1417億ドルとなった。一貫した高い技術力に加え、家電製品の展開等によりブランド価値が更に高まる可能性があると評価された。

3位は米マイクロソフトであり、ブランド価値は前年比10%増の800億ドルであった。

また、ブランド価値の成長率が高い企業として、前年比48%増の米フェイスブック(8位)や前年比29%増の米アマゾン(5位)が挙げられている。

次のページ
日本からは6ブランドがランクイン 新ブランドの創出が課題
12
page 1 of 2
ブランド価値トップ100 「トヨタ」は世界第7位 自動車ブランドでは最高位
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 中小企業が知っておくべき事業承継の方法とは
NEXT アマゾン ・エコー、本場米国の様子から分かる「強さの秘密」