フォーブス誌の「スポーツ選手高所得ランキング」のトップ100人が発表され、2年連続クリスティアーノ・ロナウド選手が首位に輝いた。日本勢は26位にテニスの錦織圭選手(3390万ドル)、75位に米大リーグ・ヤンキースで活躍する田中将大選手(2300万ドル)がランクインした。

トップ100人が2016年6月から1年間に稼いだ総額は31億1000万ドル(約3400億円)。トップ5はスポンサー契約だけでも総額2500万ドルを超えるというから桁違いの世界だ。

最も稼いだスポーツ選手20人

スポーツ選手,高所得,クリスティアーノ・ロナウド
(写真=Thinkstock/Getty Images)

20位 フェルナンド・アロンソ(レーシングドライバー)3600万ドル
19位 ドウェイン・ウェイド(バスケットボール選手)3620万ドル
18位 ネイマール(サッカー選手)3700万ドル
17位 タイガー・ウッズ(プロゴルファー)3710万ドル
16位 ノバク・ジョコビッチ(テニス選手)3760万ドル
15位 デイミアン・リラード(バスケットボール選手)3840万ドル
14位 セバスチャン・ベッテル(レーシングドライバー)3850万ドル
13位 ラッセル・ウェストブルック(バスケットボール選手)3860万ドル
12位 フィル・ミケルソン(プロゴルファー)4350万ドル
11位 ドリュー・ブリーズ(アメリカン・フットボール選手)4530万ドル