乱高下を経ながらも増加を続ける時価総額に分裂騒動、最近ビットコインのニュースを耳にする機会が多いと感じる人も少なくないだろう。マーケティングリサーチのマクロミルがビットコインに関する調査を行い、11月7日にその結果を公表した。ビットコインの認知度の高さが明らかとなっているが、購入経験者はまだ多くは無いようだ。

9割に迫る認知度も、詳しく分からない人も半数以上

ビットコイン
(写真=PIXTA)

マクロミルは10月18~19日にかけて同社のモニタ会員を対象にビットコインに関する調査を行った。全国の20~69歳の男女から人口動態に配慮した上で1万人のサンプルを抽出し、その結果を公表した。

初めにビットコインの認知度について尋ねたところ、「知っている」は31.4%、「名前は聞いたことがあるが意味はわからない」は56.2%となった。2つの回答を合わせたビットコインの認知度は87.6%に上り、多くの人がビットコインを認知しているという結果となった。ただ、「知っている」と答えた人が3割強に留まっている事から分かるように、名前だけを聞いた事がある人も多く、本格的な普及にはもう少し時間が掛かりそうだ。

また、ビットコインの購入経験について尋ねたところ、「購入したことがあり、現在保有している」は2.7%、「購入したことがあるが、現在保有していない」は2.0%となり、ビットコインの購入経験率は5%に満たない結果であった。話題になる事も多く、知名度の高まっているビットコインであるが、購入経験率の上昇に繋がるかどうかに今後注目が集まってくるだろう。

単なる投資商品だけでなく、決済手段としての期待も

調査では、ビットコインを現在保有していると答えた100人に更に詳しく質問を行っている。

ビットコインを購入したきっかけについては、「仮想通貨に興味があったから」と「ビットコインが今後普及していくと思ったから」がそれぞれ42.0%で最多の回答となっている。仮想通貨の将来性に期待する人は多くいると見られるが、それに投資する場合、仮想通貨全体の時価総額のうち、半分以上を占めると見られるビットコインをファーストチョイスとする人が多いと見られる。

また、ビットコインを購入した目的については、「投資のため(長期保有)」が54.0%で最多回答となり、「投資のため(短期保有)」がそれに続いた。価格の乱高下の激しいビットコインであるが、将来を見据えた長期保有を前提としている人の方が多いようだ。投資対象としてだけではなく、「決済手段のため」という回答も34.0%を集めた。利用可能なシーンはまだ限られているが、ビットコイン保有者の47.0%はビットコインでの支払い経験があると答えている。今後コンビニやECサイトでの決済サービスの広がりを求める声が多く、決済手段という通貨の基本的機能にも大きな期待が掛かっている。

値上がりを続けるビットコイン 一部にはバブル懸念も

知名度の高まりと比較し、購入経験者の増加が緩やかに見えるビットコインであるが、その裾野は確実に広がっている。10月末には時価総額が1000億ドルを突破し、11月に入ってもその勢いは衰えていない。価格は年初から6倍以上となっており、ビットコインの購入者が多くいる事を裏付けている。

11月9日には同月中旬に予定されていた通貨の分裂が延期され、価格は一時大幅に上昇した。市場では現在7000ドル台で推移するビットコインが1万ドルへ届く日も近いとの期待感も高まっている。

一方、その急激な上昇や適正価格の見極めが困難な点から、バブルであると見る向きもあり、今後の価格や需要動向については慎重に判断する必要がある。今後も話題には事欠かないと見られるビットコインには、更なる注目が集まってくるだろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)