マンションは築年数が経てば経つほど資産価値は目減りする。しかし、立地によっては築年数が30年を経ても資産価値がほとんど下落しない場合もある。首都圏でマンションの価値が下がりにくい駅はどこなのだろうか。調査によって判明した駅別利回りを見て、マンション価値が維持できる駅をチェックしてみよう。

利回り4%未満の駅はわずか4駅

資産価値,首都圏
(画像=PIXTA)

調査を行ったのは不動産専門のデータ会社である東京カンテイ。直近3年に中古流通したマンション中、築年数30年のものと、同時期に発生した築年数30年の中古マンションの賃料で、築30年マンションの利回りを算出したもの。利回りが小さいほど、マンション売値が維持されており、価格下落リスクが少ないとして分析している。

首都圏の平均の利回りは築10年で5.18%、築20年で5.81%、築30年で6.19%。築年数の経過とともに、賃料の下落よりも価格の下落が大きい駅が増加し、築30年中古マンションで、利回りは上昇していく傾向だ。利回りが4%未満と価格を維持している駅はわずか4駅しかない。利回り4%台でも63駅だ。利回りが5%未満の駅であれば、下落リスクは少ないといえる。では、マンション価格を維持している駅をランキングで見ていこう。

【築30年中古マンションの利回り】
順位 駅名(路線名)/利回り
10位 上北沢(京王線)/4.33%
9位 白金台(都営三田線)/4.32%
8位 成増(東武東上線)/4.28
7位 目黒(JR山手線)/4.22%
6位 武蔵新田(東急多摩川線)/4.20%
5位 世田谷(東急世田谷線)/4.16%
4位 麻布十番(東京メトロ南北線)/3.92%
3位 半蔵門(東京メトロ日比谷線)/3.81%
2位 広尾(東京メトロ日比谷線)/3.73%
1位 牛込神楽坂(都営地下鉄大江戸線)/3.69%  

下落リスクの少ない駅は都心の高級物件立地 

利回り4%未満の4駅は、いずれも都心で駅周辺のブランド力も高い。東京駅や大手町駅といったオフィス街へのアクセスも良く、交通利便性の高さも共通項だ。また、再開発が進み、街に活気が保たれているのも要因となる。ランキング1位の牛込神楽坂駅の場合、牛込神楽坂駅自体の再開発はないが、隣駅である飯田橋駅前の大規模な再開発が進行しており、エリアとしての注目度が高いことが影響していると考えられる。

現在、マンションの下落リスクが少ない駅としてランクインした駅はいずれもエリアとしてのブランド力、活気が今後も維持されていくことが予想される。自宅として購入し、維持する場合、利回りが小さい駅を選ぶことで資産価値を長期に渡って維持することができる。逆に、中古マンションを賃貸物件にして投資する場合は、利回りが大きい駅を選ぶことが重要となる。マンションを購入する際、これらのデータを参考にして選ぶことが大切だ。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)