アベノミクスの影響で一時は平均賃金が上がったものの、2015年からは下がりはしないものの、上昇もストップしている。そんな現状の中、20代の金銭感覚についての意識調査の結果が発表された。貯蓄額と倹約志向が上がる、現代の20代の金銭感覚とは。

理想のお小遣い額は昨年比1.2万円減少 

小遣い
(画像=PIXTA)

調査を行ったのはSMBCコンシューマーファイナンス。2017年10月2日から5日まで、20歳から28歳の男女1,000名に金銭感覚についての意識調査を行った。

まず、毎月自由に使えるお金(お小遣い)はいくらぐらいなのかを聞いてみたところ、全体の平均額は29.694円と3万円を切った。昨年の同じ調査では30,422円と約700円減少している。未婚者、既婚者に分けてみると、未婚者は31,694円なのに対し、既婚者は20,688円。未婚者は3万円程度、既婚者は2万円程度が毎月自由に使えるお小遣い額となる。

男女差で見てみると、未婚男性のお小遣い額は32,192円、未婚女性のお小遣い額は30,993円と未婚の場合はあまり男女差がない。しかし、既婚男性と既婚女性では、既婚男性が25,796円なのに対し、既婚女性は18,464円と7,000円以上差が開いた。結婚後、女性は仕事を辞めたり非正規雇用になることで、未婚の時よりも自由に使うお金が少なくなる傾向にあるようだ。

実際のお小遣い額は昨年比で700円減っているが、それよりも大きく減ったのが理想のお小遣い額だ。毎月自由に使えるお金がどれくらいあれば満足できるか、という質問の回答は、平均で60,041円、未婚者では65,168円、既婚者では30,360円となった。昨年の同じ質問の回答では、全体で72,651円だった。昨年に比べ、理想額は約1.2万円も減少している。20代の倹約志向の高まりが伺いしれる結果となった。

貯蓄額は50万円近く増加

倹約志向が高まることにより、増えているのが貯蓄額だ。現在貯蓄できている額について聞いたところ、全体の平均額は133万円。20代前半で76万円、20代後半で190万円という結果になった。昨年の結果と比較すると、全体の平均額は86万円で50万円近く増加している。これは一部の高所得者だけではなく、中央値が2016年は20万円だったものが、2017年は25万円になるなど、中間層でみても貯蓄額は増加傾向にある。職業別に見ていくと、会社員は238万円、パート・アルバイトは56万円、学生は48万円となった。

では、倹約志向にある20代は、どんなことにお金を使っているのだろうか。積極的に消費したものについての質問では、1位が「友人との交流」で44.3%、2位が「趣味を追求する(良い道具を揃えるなど)」で38.3%、3位が「身だしなみ・美容」で27.0%となっている。昨年の調査結果と比較すると、「趣味を追求する」は2016年に比べて6.7ポイント減少している。趣味にも倹約志向の高まりがかいまみられる結果となった。さらに男性では「株式・債券投資」が昨年比で3.8ポイント増加している。2015年は7.4%、2016年は7.6%だったものが、2017年では11.4%と増加傾向にあり、貯蓄だけではなく資産運用によって資産を増やす意識が高まっていることがわかった。また、来年積極的にお金を費やしたいことについての質問でも、株式・債券投資は11.5%、外貨・FX投資は6.4%となっている。倹約志向の高まりとともに、資産運用への関心も増えていると言えそうだ。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
「信用経済」という新たな尺度 あなたの信用力はどれくらい?(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
会社で「食事」を手間なく、おいしく出す方法(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)