東京都北区が注目されている。テレビで赤羽の「センベロ」(千円でベロベロに酔える)居酒屋が紹介されるなど、赤羽を中心にメディアで取り上げられることが多い。そんな気取らずに楽しめる街が北区にはある。また、鉄道の利便性が良い割に不動産価格が割安なのも北区の良いところだ。そんな北区のマンション購入にて、人気ランキングトップ7の物件を紹介しよう。
(※2018年2月16日時点 不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』調べ)

北区とは?街の歴史や特色など

東京都北区は東京23区の北部にあり、西側は板橋区・豊島区に隣接し、東側は隅田川を挟んで足立区に接し、北側は荒川を挟んで埼玉県に接している。古くは農村地帯であったが、江戸時代に宿場町として栄えた。明治時代以降は鉄道の整備に伴い工業が発達し、人口が増え、都市化が進んできた。

北区には公園や桜の名所が多く、桜は江戸時代の浮世絵に描かれるなど、春にはたくさんの花見客で賑わう。桜の名所は、飛鳥山公園、音無親水公園、赤羽桜並木通り、石神井川沿い遊歩道など、川や水辺の周囲や通り沿いなど様々な桜のスポットがある。

JRの駅が都内最多の11駅あるなど、交通利便性が良い街である。主要駅はJR赤羽駅・王子駅・田端駅などで、路線はJR山手線・京浜東北線・高崎線・東北本線・埼京線・湘南新宿ラインと東京メトロ南北線、埼玉高速鉄道、都電荒川線が走っている。

北区は、交通アクセスの良さに対し家賃が割安で住み易い街である。また、北区の子育て支援は、「子育てするなら北区が一番!」を合言葉に、子育て支援アプリ「きたハピモバイル」を提供するなど力を入れている。

北区各エリアの特色は?

続いて北区各エリアの特色を紹介しよう。エリアとして、浮間、赤羽、十条、王子、田端を取り上げる。

「浮間」は北区の北西に位置し、荒川を挟んだ反対側は埼玉県になる都境のエリアである。鉄道はJR埼京線「浮間舟渡駅」・「北赤羽駅」を利用できる。浮間舟渡駅の近くには、「浮間公園」や「新河岸東公園こどもスポーツ広場」など大きな公園や緑が多く、子育てファミリーにおすすめの街である。

北区といえば「赤羽」を思い浮かべる人も多いだろう。テレビドラマの舞台になるなど、赤羽は注目の街となっている。鉄道は、JR京浜東北線・高崎線・東北本線で上野・東京方面へ、JR埼京線・湘南新宿ラインで新宿・渋谷方面へダイレクトにアクセスできる。商業施設が多く、大型店舗から商店街まであり、テレビで取り上げられることも多いレトロな雰囲気の居酒屋が立ち並ぶエリアもある。

「十条」は赤羽の南隣りのエリアである。鉄道は、JR埼京線「十条」駅とJR京浜東北線「東十条」駅を利用できる。十条の特徴は「商店街」だ。東京でも有数の商店街として知られる「十条銀座商店街」を中心として複数の商店街がある。商店街には庶民的で安い商品が並ぶ店舗も多く、商店街での買い物を楽しめる街である。

「王子」は、JR京浜東北線、東京メトロ南北線、都電荒川線が交わる街であり、京浜東北線の上野・東京方面と南北線の飯田橋・六本木方面へダイレクトにアクセスできる。駅の近くには自然あふれる飛鳥山公園や学校、公共施設が数多くあり、浮間と同様に子育てファミリーにおすすめの街である。

「田端」は、JR山手線と京浜東北線を利用でき、上野駅までわずか約4分でアクセスできる。JR田端駅北口を右手に出ると、おしゃれな遊歩道が広がるなど綺麗な街である。山手線沿線の中では不動産物件が安めであり、山手線沿線に住みたい方におすすめのエリアだ。

このように魅力的な住環境の北区各エリアだが、マイナス面は少し地味なイメージである。目黒区や渋谷区などに比べると「おしゃれさ」はなく、そのようなイメージを気にする人には向かない場所と言えるだろう。

続いて北区マンション購入の人気ランキングトップ7を紹介しよう。北区の中でも、浮間、赤羽、十条、王子、田端とエリアにより異なる魅力がある。あなたは、どのエリアのどのようなマンションが好みだろうか。

1位 近くの赤羽桜堤緑地で癒される赤羽ライフ インプレスト コア 赤羽

東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅徒歩2分の駅近マンション。南北線で麻布十番などにダイレクトにアクセス可能。JR「赤羽」駅も徒歩10分で、赤羽駅からの交通利便性と赤羽の繁華街が赤羽ライフを充実させる。近くの赤羽桜堤緑地にて自然にふれることもできる立地である。

広い収納、大きなお風呂、デザイナーで選ぶなど、自分のライフスタイルに合わせて住まいを選ぶことができる。エレベーターは自分の階にしか止まらないなど、強化されたセキュリティで女性も安心。宅配ボックスもあり、荷物の受け取りも便利である。

【アクセス】東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅から徒歩2分、JR「赤羽」駅から徒歩10分
【売主】双日新都市開発株式会社、三信住建株式会社
【資料請求】インプレスト コア 赤羽の資料請求はこちら

2位 「赤羽」駅・「赤羽岩淵」駅とも徒歩8分で商店街至近 シティハウス赤羽レジデンス

10分圏内に7つの商店街など、多数の商業施設が近い環境に位置する。特に赤羽スズラン通り商店街(LaLaガーデン)は歩いてすぐのアクセスだ。JR「赤羽」駅と東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅とも徒歩8分でアクセス良好。こちらの物件も赤羽グルメをはじめ、赤羽ライフを愉しむのに適した立地である。

マンションは住友不動産の地上14階建て全39戸。バリアフリーや宅配ボックスなど、充実の設備をもつ。完成時期は2019年1月下旬を、入居時期は2019年5月下旬を予定する。

【アクセス】JR「赤羽」駅から徒歩8分、東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅から徒歩8分
【売主】住友不動産株式会社
【資料請求】シティハウス赤羽レジデンスの資料請求はこちら

3位 「西日暮里」駅も利用できる田端エリアの生活 イニシア田端ツインマークス

※こちらの物件の掲載は終了しています。

JR山手線「田端」駅より徒歩10分、東京メトロ千代田線「西日暮里」駅より徒歩11分で、山手線以外に千代田線で赤坂などへダイレクトにアクセス可能。徒歩5分以内にスーパーやドラッグストアがあり、徒歩6分で「おぐぎんざ商店街」へ行けるなど利便性が良い。

2棟構成により1フロア2住戸で独立性が高い。セットバックしたエントランスアプローチには植栽により緑を配置する。全戸南西向き、全戸角住戸による3面開口により採光・通風に優れている。両面バルコニー、シェアードルームなど、好みで変えることができる間取りが特徴。

【アクセス】JR「田端」駅より徒歩10分、東京メトロ「西日暮里」駅より徒歩11分
【売主】株式会社コスモスイニシア、フジ都市開発株式会社
【資料請求】北区の新築マンション一覧はこちら

 4位 お隣・豊島区の「駒込」駅徒歩6分の癒されるロケーション シティハウス駒込ステーションコート

場所は豊島区との境に近く、最寄り駅は豊島区の「駒込」駅まで徒歩6分となる。住所は北区西ヶ原ながら、豊島区の駒込エリアが生活圏になる。JR駒込駅では山手線が、東京メトロ駒込駅では南北線が利用できる。スーパーなどの商店や学校なども近く、生活に便利な立地だ。近くの旧古河庭園には緑が溢れ、心癒されるロケーションである。

南東向き中心の開放的な空間をもち、低層住宅街に位置する穏やかな環境。1フロア4戸以下で角住戸比率73パーセントと独立性が高い。シンプルでモダンなデザインのプライベートなレジデンスである。

【アクセス】JR「駒込」駅より徒歩10分、東京メトロ「駒込」駅より徒歩5分
【売主】住友不動産株式会社
【資料請求】シティハウス駒込ステーションコートの資料請求はこちら

5位 東京メトロ「志茂」駅徒歩1分の赤羽生活 クリオ ラベルヴィ赤羽東

東京メトロ南北線「志茂」駅より徒歩1分の利便性の高いロケーション。赤羽駅まで自転車で5分。赤羽駅東側のエリアで赤羽ライフを楽しめる。イオンなどの大型店舗も近く、お買い物も便利。

総戸数59戸のおしゃれでコンパクトなマンション。シンボルツリーが植えられ、夜には照明で照らされる綺麗なアプローチ。強化されたセキュリティで、エントランス、1階内廊下入り口、エレベーター、玄関の4か所でチェックされる「フォースガードシステム」など安心して暮らすことができる。

【アクセス】東京メトロ南北線「志茂」駅より徒歩1分
【売主】明和地所株式会社
【資料請求】クリオ ラベルヴィ赤羽東の資料請求はこちら

6位 浮間エリアに建つ家族のためのレジデンス サンクレイドル北赤羽

荒川と隅田川が近く、水と緑溢れる浮間エリアに位置する。JR埼京線「北赤羽」駅より徒歩5分、徒歩10分圏内にスーパーやドラッグストアがあるなど利便性が高い。小学校なども揃い、「新河岸東公園こどもスポーツ広場」で子供たちをのびのびと遊ばせることもできるなど、子育てに適した場所である。

地上8階建て総戸数39戸となる家族のためのレジデンスで、建物の安定のために最大23メートルの杭を強固な地盤に打ち込む安心の基礎構造。冷暖房効果を高める複層ガラスの採用など省エネにもケアしている。入居時期は2018年9月下旬の予定となる。

【アクセス】JR埼京線「北赤羽」駅より徒歩5分
【売主】株式会社アーネストワン
【資料請求】サンクレイドル北赤羽の資料請求はこちら

7位 王子の地のプライベートレジデンス オープンレジデンシア王子

東京メトロ南北線「王子」駅より徒歩4分、JR京浜東北線「王子」駅より徒歩7分。両方の王子駅までのフラットなアプローチとなる北本通りには、様々な生活利便施設が並ぶ利便性の良さ。北本通りは夜でも明るく、女性でも安心して暮らせる環境である。

地上10階建て総戸数45戸のプライベートレジデンス。目の前の北本通りは約26.9メートル幅で、西面は前方の建物と離れた開放感のある空間となる。入居は2018年12月下旬の予定となる。

【アクセス】東京メトロ南北線「王子」駅より徒歩4分、JR京浜東北線「王子」駅より徒歩7分
【売主】株式会社オープンハウス・ディベロップメント
【資料請求】オープンレジデンシア王子の資料請求はこちら

北区マンション購入の人気ランキングトップ7を紹介してきた。気になるエリアに気になるマンションはあっただろうか。今回のランキングに十条エリアの物件は含まれなかったが、他の4エリアの物件はランクインし、さらに豊島区の「駒込」エリアのレジデンスも含まれた。この中に興味のある物件があれば、早めにチェックすることをお勧めしたい。