顧客が重要視するのはファイナンシャル・アドバイザーの評価ではなく会社の評判だ

Broadridgeの調査によると、ジェネレーションX世代の顧客の半数は退職したアドバイザーに従うのではなく、顧問会社に留まるという。

投資家はアドバイザーからの実践的なアドバイスを受けながら、より友好的なコミュニケーションを望んでいることが、アドバイザー・マーケティングなどのサービスを提供している「Broadridge Financial Solutions」の調査で明らかになった。