CryptoPunksのデジタルアートの1作品が、605イーサリアム(約8,365万円/記事執筆時点)という高額で取引された。24日、CryptoPunksの公式サイトで明らかになった。

CryptoPunksは2017年に公開され、暗号市産(仮想通貨)業界ではNFTのパイオニアと言われている。

アート
(画像=Shutterstock)

1万体の24×24ピクセルで作られた絵文字がNFT(ノン・ファンジブル・トークン)として登録されており、各絵文字は「パンク」と呼ばれている。その所有権と売買の状態はイーサリアムのブロックチェーン上に記録され、これらはプロフィールページもしくは公式ページ内で参照できる。

1万体のパンクは、ほとんどが男の子と女の子のキャラクターだが、中にはゾンビ、エイリアン、動物などのレアキャラが存在する。

パンクは当初、1万体が無料で配られたが、シュールなドット絵に人気が集まったことで購入希望者が殺到し、すぐに配布が終了した。

今手に入れたい人は、パンクを持っているユーザーからイーサリアムで所有権を購入しなければならない仕組みとなっている。

CryptoPunksでできることはパンクの売買だけだ。ゲーム性は一切ない。純粋なコレクションアイテムとなっている。

CryptoPunksのパンクは配布から数年以上たった今でも海外では人気が高く、現在も1体平均0.1ETH(約1万3,000円)で取引されている。

またレアキャラであるエイリアンのキャラクターは1万体のパンクの中で、わずか9体しか存在しないため、どれも高額で取引されている。

さらに、8,000万円以上の価格での取引はCryptoPunksの開設以来、最も高額になるという。

今回、取引されたエイリアンを模ったデジタルアート・名称「CryptoPunks2890」は24日に、匿名のオーナーによって売りに出された。

購入したのは、デジタルグッズやデジタルアートなどのコレクションに投資するためのファンド・FlamingoDAOだ。

FlamingoDAOは、これまでも「Autoglyohs(イーサリアムのブロックチェーン上で作られたアート作品)」やNBAの選手をデジタルコレクションにした「NBA Top Shot」カードなど数百に上るNFTと、様々な仮想空間に存在する土地を購入している。

同ファンドは、今後も積極的にCryptoPunksを含むNFTを買い進めていく方針だ。(提供:月刊暗号資産