ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
銘柄分析
Written by ZUU online編集部 6,803記事

2015年1月の株主優待まとめ 実質利回り10%超えのおすすめ銘柄

2015年1月の株主優待まとめ 実質利回り10%超えのおすすめ銘柄

 1月に権利確定日がある銘柄の中から実質利回りが10%を超える銘柄を取り上げてみた。クオカードや自社商品という優待品よりも割引販売などを狙うと実質利回りが高くなる傾向がある。なお、文中にある投資指標の数値は平成26年12月16日終値を参考にしている。なお、権利確定日はタカショーが2015年1月15日、その他3銘柄は2015年1月27日なので気を付けていただきたい。

タカショー <7590> PER15.63倍 PBR0.88倍 配当利回り3.37% 

 ガーデニング商品を扱っており、国内トップのポジションにある。国内だけでなく、欧州などの海外事業も強化中である。

 優待品は100株以上で「カタログ掲載商品の割引販売」「自社オリジナルカレンダー」「自社イベント招待(1月のみ)」であり、さらに1月のみ200株以上500株未満で500~1,000円相当のガーデングッズ、500株以上1,000株未満で1,000円~3,000円相当のガーデングッズ、1,000株以上で3,000円~10,000円相当のガーデングッズが送られてくる。「カタログ掲載商品の割引販売」においては4割引きの商品もあるので、平成26年12月16日の終値505円で計算した場合、仮にこの商品を12,500円分購入すれば約10%の優待利回りを得られることになる。

ナイスクラップ <7598> PER-(赤字予想) PBR0.55倍 配当利回り1.48% 

 レディスカジュアルを展開するアパレルメーカーであり、企画から販売まで一貫体制で行っている。「ワンアフターアナザーナイスクラップ」「ナチュラルクチュール」等が取り扱いブランドだ。

 優待品は1枚につき1回当たりの買い物で10%引きとなる割引券(但し、1枚につき買い物総額5万円が上限)だ。100株以上で6枚、3,000株以上で12枚の割引券をもらえる。仮に6枚すべてを上限金額いっぱい利用したとしたら、割引総額は30,000円となり、平成26年12月16日終値338円で買ったとした場合、ほぼ元を取れることになる。ナイスクラップが展開しているファッションブランドが好きな人にとっては魅力的な優待と言えるだろう。

オーエムツーネットワーク <7614>

12
page 1 of 2
2015年1月の株主優待まとめ 実質利回り10%超えのおすすめ銘柄
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

注目の株主優待

PREV GMOクリック証券でIPO株を買う方法
NEXT 今年もインフルエンザの流行シーズン到来?…注目の関連銘柄5選