セブンイレブン (写真=Getty Images)

セブン&アイ・ホールディングス <3382> は5月19日、連結子会社のセブン―イレブン・インク(アメリカ・テキサス州)が、北米での収益拡大を図るため、アメリカ・マサチューセッツ州を拠点にコンビニエンスストアなどを運営する米企業からコンビニ182店舗を取得する、と発表した。

セブンーイレブン・インクは北米での商品力強化と店舗網の拡充を推進している。今回、同社の既存出店エリアのマサチューセッツ州・ボストン地区を基盤とするテデシーフードショップと物件引渡契約を締結した。

物件引渡日は今年8月を予定している。買収額は公表していない。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
躍進するグローバルEコマース化でビジネスチャンスを掴む
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
1億ドル超えも?世界のスポーツ選手長者番付トップ20
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法