川崎重工鉄道車両
(写真=Thinkstock/Getty Images)

川崎重工 <7012> は5月19日、 山陽電気鉄道から 新型車両を新たに受注したことを明らかにし、2015年度内に納入する見通しだとの姿勢を示した。

同社によれば、「1923年に、山陽電気鉄道の前身である神戸姫路電気鉄道へ1形電車を納入以来、車両を供給。今回供給する車両は、2000年に納入した5030系以来、15年ぶりの受注となる」とのこと。

今回、川崎重工が山陽電気鉄道に供給する車両は、「6000系」6両で、普通車運用から、2編成を連結した直通特急運用まで幅広く対応できるとのこと。

特徴としては、同新型車両は、照明装置のLED化による省エネ化と、騒音レベルの低減を実現しており、車いす・ベビーカースペースを全車両へ設けるといった工夫も施されているという。全出入口に誘導鈴とドア開閉予告灯を配置したり、多言語対応ディスプレイを各車両に3カ所設置するなど、利便性を向上させる工夫も行われている。

川崎重工は「今後も、環境負荷の少ない交通手段である鉄道車両を国内外に提供していく」などとしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
1億ドル超えも?世界のスポーツ選手長者番付トップ20
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
1〜3月のGDP、2期連続のプラスに
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法