保険ショップ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本生命保険相互会社(日生)は5月25日、複数保険会社の商品を取り扱う「店舗型乗り合い代理店」事業に参入すると発表した。同事業を展開する「ライフサロン」(本社・東京都)が第三者割当増資で発行する株式を引き受け、株式の9割超を10億円で取得する。

ライフサロンは全国で50店舗を運営。2014年10月末現在で売り上げ高は2億3700万円、総資産は7700万円。

保険の見直し相談など、複数保険会社の商品を取り扱う乗り合い代理店事業は市場の拡大が見込まれている。日生は営業職員による訪問、サービスを中核としつつ、今回の出資を契機に、販売・サービスチャネルを多様化し、これまで接点を持ちづらかった顧客層との対応を強化する考え。

今後は、日生が10人の職員を派遣するなど、事業拡大を図る。また、ライフサロンを通じて、店舗型乗り合い代理店でのマーケティングノウハウを蓄積。全体の商品開発にも生かしていくという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
J:COMが4K対応のコンテンツ配信へ
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
JPXが新たに3指数の運用開始へ
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法