楽天証券
(写真=Thinkstock/Getty Images)

楽天 <4755> 傘下の楽天証券は5月29日、香港で外国為替証拠金(FX)取引を手掛ける米FXCMの子会社「FXCM Hong Kong」の全株式を取得すると発表した。香港証券先物取引委員会の承認を経て取得する予定。楽天証券にとって初の海外進出となる。

FXCM Hong Kongはニューヨーク証券取引所に上場するFXCMの子会社で、2002年に設立。香港でのFX事業のリーディングカンパニーとして、優良な顧客基盤を持つという。

楽天証券は、本年4月にFXCMジャパン証券を子会社化するなど、FX事業を強化させている。(ZUU online 編集部)