個人投資
(写真= Thinkstock/Getty Images)

マネックスグループ <8698> のマネックス証券は5月29日、夏季賞与の使い道等に関するアンケート調査の結果を公表し、 「資産運用・投資」が2番目に多い使い道であったことを明らかにした。相場環境についての調査結果も公表し、前向きな見方の投資家のほうがなお多く、まだ明るい雰囲気が続いている様子だ。

発表によれば、同社が個人投資家に夏季賞与の使い道についてたずねたところ、最も多かったのは「預貯金」となった。それに続いて挙げられたのが「資産運用・投資」だ。

マネックス証券では併せて、今後の約3カ月の日本、米国、欧州それぞれの株式の見通しについても調査し、各国と地域の指数を明らかにした。日経平均株価についてバブル期を超える11日連続で前日を上回るなど好調の続く日本市場では、27ポイントとプラス。前月よりは、14ポイントの下げ幅となったが、なお楽観的な見方が多数派だ。

一方、米国市場についても、同社の調査結果は、17ポイントになったことを指摘。前回比で12ポイントの下落となったものの、楽観的な雰囲気がなお支配的な状況だ。大きな傾向としては、日本株DIと同じだ。

他方で、同社調査による中国株DIについては、マイナス30ポイントとなり、悲観的な見方が支配的な様子だ。前回比でも、マイナス8ポイントと、悪化の方向で推移している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
スカイマーク、100%減資などの再生計画案を提出
日本人大富 豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・ 四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
東芝 株主総会を6月25日開催と発表、有価証券報告の2カ月延長申請も
10万円以下 でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法