ThinkstockPhotos-475432902
(写真=Thinkstock/GettyImages)


決算後の目標株価引き上げが3社以上と目立つ銘柄は

3月期決算企業の本決算発表も終わりましたが、決算を受けて目標株価を引き上げる動きも少なからずみられます。

こうしたなか先週末の投資のヒントでは5月11日と12日に決算を発表した銘柄で、3社以上が目標株価を引き上げたものを取り上げましたが、今回は決算発表終盤(5月13日-15日)に決算を発表した銘柄で、決算後に3社以上の証券会社から目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

そのなかで特に目標株価の引き上げが目立つのが長谷工コーポレーション <1808> と住友不動産 <8830> で5社が決算発表後に目標株価を引き上げており、長谷工コーポレーションは決算発表直後に株価が10%高と急伸した後もじりじりと水準を切り上げ年初来高値を更新しています。そのほか目標株価の引き上げが4社と多かったのが日産 <7201> と国際石油開発帝石 <1605> です。

hint6-1

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク】
大相場ではテクニカルは無益
値下がり局面は長期的な投資妙味あり
非農業部門雇用者数以外にも注目
ハンセン指数、強弱混じる材料で一進一退か IPOラッシュで需給悪化が懸念
ほっと、一安心。