大型重機
(写真=Thinkstock/Getty Images)

物流と工場建設の山九 <9065> は24日、オランダに本社を置く世界最大の重機オペレーション会社MAMMOET HOLDING B.V.(マンモート社)と、大型重機の保有と運用を行う合弁会社をシンガポールに設立したと発表した。

新会社「SANKYU MAMMOET PTE.LTD.」は、プラント建設での大型重機運用で両社の実績と能力を相互補完し、設備機器のリフティングや輸送作業に対応。これまで以上に安全、品質、効率性向上などの革新的なソリューションを提供していく。

資本金は1490万5000米ドル(約18億円)で、出資比率はそれぞれ50%。7月21日にマンモート本社で調印式を実施した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界のイノベーティブ企業25社 日本からは楽天のみランクイン
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】