特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 4,722記事

「世界FinTech企業ランキング」野村総研が6年連続トップ10入り

fintech_ranking_logos
(写真=HPより)

 今年12年目となる「FinTech企業ランキング100」が発表され、日本からは野村総合研究所(NRI)が10位にランクインした。NRIのトップ10入りは6年連続だ。

 本ランキングは、世界各国のFintech企業を対象に、米グローバル金融企業、IDCファイナンシャル・インサイトが企業調査と市場分析に基づいた総合的な評価で100社を選んだもの。

国別のランクイン数ではアメリカが突出

 2015年度の1位に選ばれたのは、インドのタタ財閥所有、ムンバイに本社を置くタタ・コンサルタンシー・サービシズ (TCS)だ。世界46カ国のオフィスと従業員30万人というインド最大手のITサービス企業というだけあって、グローバルな成長率、評価共に群を抜いている。またブランド・ファイナンスの「世界で最も急成長を遂げるグローバルITサービス」にも選ばれるなど、その勢いはとどまるところ知らずだ。

 2位以下はアメリカの企業が名を連ねた。トップ100のうちアメリカから54社がランクイン。国別で2番目に多かったインドが9社と比べればその突出ぶりが分かる。

ランキング下位にも日本企業が入賞

 NRIは2013年の「THE STAR」導入に続き、2014年にASP型バックオフィスシステム「I-STAR」を導入。従来のメインフレームを利用するシステムを廃止することで、情報システムコストの大幅削減に成功したことなどが評価された。

 ほかの日本企業では、シンプレクスが74位にランクインした。また金融関連事業の収益が総売り上げの1/3以下の企業がエントリーできる「FinTechエンタープライズ」部門では、NTTデータと富士通がそれぞれランクインした。

次ページ>> ランキング上位20位とその他アジアの企業

12
page 1 of 2
「世界FinTech企業ランキング」野村総研が6年連続トップ10入り
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

今話題の『FinTech』

PREV 「氷結」はなぜ100億本も売れたのか?
NEXT 人気ナンバー1のiPhone用広告ブロックアプリ、わずか3日で廃止