medium_3931666786

南半球にあるニュージーランドは日本と季節が反対で10月~3月、春から秋にかけてが観光シーズンとなります。クリスマス前後から年明けまで長い「夏休み」を取る人も多く、夏休みの話題を聞くたび今年も終わりが近づいていることを実感します。さて、今回はNZ投資の第一歩、NZの銀行での口座開設手続きについてお話させていただきます。


ニュージーランドに銀行は何行ありますか?

銀行名

格付け(S&P)

①ANZ Bank

AA-

②ASB Bank

AA-

Bank of Baroda (NZ)

-

Bank of India (NZ)

BBB-

③Bank of New Zealand (BNZ)

AA-

Citibank

A

Deutsche Bank AG

A

Heartland Bank

BBB-

JP Morgan Chase Bank

A+

④Kiwi bank

A+

Kookmin Vank

A

Rabobank NZ

AA-

Southland Building Society

-

The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ

A+

The Co-operate Bank Limited

BBB-

⑤The Hongkong and Shanghai Banking Corporation (HSBC)

AA-

⑥TSB Bank Limited

BBB+

⑦Westpac NZ

AA-

2013年9月現在日本には都銀・信託・地銀・第二地銀・その他を含め126の「銀行」が存在します。一方ニュージーランドにおいて現在NZ準備銀行(中央銀行)に登録されている「商業銀行」、いわゆるTrading bankまたはRegistered bankは22行です(別表参照:関連行はひとつに統一)。リテール向けのサービスを行っていない銀行もありますので、ここでは代表的なところをご紹介します。

①ANZ銀行( http://www.anz.co.nz/ )
オーストラリア・ニュージーランド銀行グループです。日本にも東京・大阪・名古屋に支店・出張所があります( http://www.anz.co.jp/ )。NZで最も支店数が多く、ポピュラーな銀行と言えるでしょう。

②ASB銀行( https://www.asb.co.nz )
オーストラリアのコモン・ウェルス銀行グループです。

③BNZ銀行( https://www.bnz.co.nz )
NAB(ナショナル・オーストラリア銀行)グループです。NABは東京と大阪に支店・出張所があります( http://nabasia.co.jp/ )。

④Kiwi銀行( https://www.kiwibank.co.nz )
2002年に業務を開始した100%NZ資本の比較的新しい銀行です。全国の郵便局(Kiwi post)で業務を行っており、ゆうちょ銀行のNZ版と言えるかもしれません。

⑤HSBC銀行( https://www.hsbc.co.nz/ )
2012年日本撤退が話題になったHSBC銀行です。NZだけでなく世界中に拠点を持っていますので皆さんご存知の方も多いかと思います。

⑥TSB銀行( http://www.tsbbank.co.nz )
100%NZ資本の銀行です。2013年顧客満足度調査で第一位に選ばれました。

⑦Westpac銀行( http://www.westpac.co.nz )
オーストラリアのウェストパック銀行グループです


銀行口座開設に必要な手続きは?

今回、このコラムを執筆するにあたって「ニュージーランド」・「口座開設」というキーワードで検索をかけてみたところ、実に様々な情報が飛び交っていることが分かりました。「同じ銀行でも支店窓口の担当者によって言うことが違う」・「現地に行かなくても口座開設ができる」・「NZ非居住者の口座開設は出来ないと断られた」などなど。

実態はどうなのでしょうか?
もしあなたが、これから実際にNZへ移住・留学目的で長期滞在予定の場合、多くの銀行が「Migrant Banking(移民向けサービス)」を提供しており、NZ入国前に口座開設・海外送金を行うことが可能です。このサービスを利用した場合、NZ到着後に銀行の支店を訪れIDチェックを受けることで口座を「Activate」、つまり有効化することが出来ます。これにより例えば、入国前に送金した現金を引き出したり、キャッシュカードを使用したり、インターネットバンキングを利用することが可能になります。

それではNZ非居住者として投資目的で口座を開設したい人の場合はどうでしょうか?
銀行によって対応が異なるというのが現状のようです。

ある銀行に問い合わせたところ、口座開設には1年以上有効なビザの提示が必要で非居住者の口座開設は現在原則として行っていないとの回答でした。また日本を含めNZ外にもグループ拠点を持つ別の銀行では「系列銀行に既に口座を持っており、系列行から紹介を受けた場合」、NZを訪問することなく郵送による手続きで口座開設が完了するとのことでした。この他に実際にNZを訪問した上で銀行で定める基準を満たした場合、ビザやNZ居住の有無に関わらず口座開設が可能であると回答した銀行もありました。