特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
経済・ビジネス
PR
PR
Written by ZUU online編集部 6,784記事

(PR)あの人気企業がトップ

営業職の人が選ぶ転職人気企業ランキング、業種別でも強かったあの企業

営業マン
【Sponsored】(写真=PIXTA)

営業は厳しい仕事だ。ノルマや人間関係などプレッシャーやストレスを感じる場面は多い。外回りが多いと体力も必要になる。

しかし一方で、営業ほどやりがいを感じられる仕事は他にそうない。自分の成長は売り上げという数字となって明確に表れる。会社の業績にストレートに関わることができる仕事なので、経験を積めば積むほどやりがいも大きくなる。

会社を支えているのは営業なのだ。

営業職の人が選んだ転職人気企業ランキング

辛い思いをしながらも、ときおり感じるやりがいを糧に奮闘している営業。自らが所属し、自分が支えるんだという気概の対象である「会社」について、どう考えているだろうか。営業職の人に人気の会社とはどの業種のどんな会社なのだろうか。

転職サービスDODA(デューダ)は「DODA転職人気企業ランキング2015」で「転職したい企業」をランキング形式で紹介しているが、総合版の他にも職種別のランキングを紹介している。ビジネスパーソン約5000人に調査した転職人気企業ランキングから各種職に就いている人の回答をピックアップしたものになる。ここでは「営業職に就いている人が選んだ転職人気企業」について30位から見ていこう。

30位 デンソー

29位 日本マイクロソフト

28位 アサヒビール

27位 博報堂

26位 ヤフー

25位 サイバーエージェント

24位 日本航空(JAL)

23位 三菱東京UFJ銀行

22位 日立製作所

21位 伊藤忠商事

20位 キーエンス

19位 サントリーホールディングス

18位 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)

17位 武田薬品工業

16位 東日本旅客鉄道(JR東日本)

15位 Apple Japan

14位 パナソニック

13位 フジテレビジョン

12位 全日本空輸(ANA)

11位 資生堂

10位 三井物産

9位 オリエンタルランド

8位 本田技研工業(Honda)

7位 電通

6位 楽天

5位 ソニー

4位 三菱商事

3位 リクルートホールディングス

2位 グーグル

1位 トヨタ自動車

「営業職が選んだ人気ランキング」と、すべての職種を調査した「総合版人気ランキング」を比較してみよう。1位のトヨタ自動車、2位のグーグルは両ランキングとも変わらずで、総合版では3位にソニーが入っている。

また、総合版ではトップ10から外れたリクルートホールディングスだが、営業職ランキングでは3位に入った。他にも三菱商事(総合版13位)や三井物産(同26位)のトップ10入りが目を引く。電通(同14位)や博報堂(同50位)、サイバーエージェント(同45位)といった広告系企業が上位に入っていることも、営業職ランキングならではの結果と言えよう。

人気企業に入社できる?「企業合格診断」でチェック

「営業職の人が選んだ転職人気企業ランキング」の上位30社を紹介したが、ここに出てきたような企業に入りたいと思ったことはないだろうか?

憧れていた人気企業に転職したい」「キャリアを積んだ今なら転職できるかも」と考えたとき、気になるのは合格の可能性だ。もしも企業に応募する前に採用の可能性を診断できるのであれば、試してみたいと考える人は多いかもしれない。

そんな要望に応えてくれるのがDODAの「合格診断」ツールだ。「合格診断」を使えば、誰もが憧れる人気企業への合格の可能性を探ってくれる。今の自分の市場価値をはかることができるのだ。このサービスを受けるために必要なのは経歴やキャリアの登録だけ。結果は2週間ほどでメールで届く。登録・診断は無料だ。

実際に転職活動を始める前に診断を受けることができるので、今後の指針になるだろう。思いもよらなかった人気企業と出会えれば、将来の可能性が大きく広がるかもしれない。営業職に従事している人はもとより、ランキングにあがった人気企業への転職に挑戦したい人は、試してみてはいかがだろうか。

>>人気企業への合格可能性を診断<<

営業職の人が選ぶ転職人気企業ランキング、業種別でも強かったあの企業
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 5秒でビジネスマンとしてのあなたの「強み」を答えられるか?
NEXT 自分でもなかなか気づけない、あなたの「営業」としてのキャ...