ブランド価値ランキング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ブランディング企業大手インターブランドが発表した「日本ブランドランキング 2016(Best Japan Brands 2016)」で、トヨタ自動車が1位に輝いた。同ランキングは、「財務力、ブランドが購買意思決定に与える影響力、そしてブランドによる将来収益の確かさ」という観点から、グローバルに展開する日本ブランドを評価したもの。上位にランクインした企業紹介や前年との比較などを紹介しよう。

10位 ゲームメーカー「任天堂(Nintendo)」

日本企業ブランドランキング10位は「任天堂」で、ブランド価値は2977億円だった。ただし、ブランド価値は昨年度よりも27%も落としている。ゲームメーカーとしての知名度は高く、直近でも「ポケモンGO」、「スーパーマリオラン」、「Nintendo Switch」でも話題を集めている。今後、新しい領域でゲームメーカーとしての地位を確立できるかがポイントになるだろう。

9位 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス(LEXUS)」

9位は、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」だ。ブランド価値金額は3340億円で1%プラスになった。

海外では自動車メーカーのBMWよりも販売台数が上回りブランド存在感が増している。トヨタブランドとは一線を画して高級路線で勝負をしており、確実に海外で受け入れられていると言えるだろう。

8位 アパレルメーカー「ユニクロ(UNIQLO)」

8位にランクインしたのはアパレルメーカーの「ユニクロ」だ。ブランド価値金額は5493億円で、前年度比較でプラス13%と好成績を収めている。

アパレル産業でTOP10入りしている企業は同社のみ。アジア圏やヨーロッパでのビジネス展開によって、ブランド価値が高まったことが要因になっている。

7位 電子機器メーカー「パナソニック(Panasonic)」

日本のエレクトロニクス産業の一角を担うパナソニックが第7位にランクインしている。パナソニックのブランド価値金額は6436億円。前年度よりも2%プラスとなった。

多数のドメインに投資をしており自動車関連部品や太陽光発電などで好成績を納めている点が高い評価に繋がった。またオリンピック公式スポンサーになるなどスポンサー企業としても国際的に注目を集めている。

6位 メガバンク「三菱東京UFJ」

6位にランクインしたのは三菱東京UFJだ。今回初ランクインでブランド価値は6980億円だった。TOP10入りした金融機関は同行だけとなっている。

国際展開を進める中で確実に世界金融の中で存在感が増していることが、今回のランクインの要因と言える。特に同社はアジア展開を急速に進めておりブランド認知度が高まった結果と言えるだろう。