zozotown,ツケ払い
(画像=ZOZOTOWN Webサイトより)

奔放な社長が広告塔になり、話題性に事欠かないアパレル通販大手スタートトゥデイのZOZO。「ツケ払い」という決済方法を導入し、話題になっている。

近年ECサイトにおいては様々な決済方法が開発・導入され、Web黎明期に懸念されていた決済上の不便さや信用の壁は顧客にとってほぼなくなったことであろう。

ZOZOTOWN「ツケ払い」の概要

ZOZOTOWNのWebサイトを見ると、ツケ払いについての説明ページがある。概要は以下のとおりだ。

商品を購入する際にツケ払いを選択すると、到着した商品とは別便で請求書が送付され、その請求書を商品購入日から2カ月以内にコンビニや銀行に持参、支払うというものだ。

到着した商品を先に確認してからの決済なので、初めてZOZOTOWNを利用する人でも安心して取引ができるほか、給料日前等で手持ちがない時でもセールや期間限定商品などのチャンスを逃さず買物できるという利点がある。

この「ツケ払い」、ネーミングこそ新鮮でさも新しい決済方法であるかのように聞こえるが、似たような決済方法がどこか他の通販でも存在するように思える。

ZOZOTOWNの紹介ページにも記載されているが、実はこのサービス、GMOペイメントサービスが提供している「GMO後払いサービス」だ。

GMO後払いサービスとは?

GMO後払いサービスとは、GMOペイメントサービス(決済専業の上場企業であるGMOペイメントゲートウェイの100 子会社)が提供している決済方法で ある。加盟店数は非公開であるが、 数多くの有名企業やネット通販大手のサイトでもこの後払いサービ スは利用されているのだ。

この商品は特筆すべき「与信スピードの速さ」を誇る。例えばクレジットカード決済の場合、買い物をするサイトにあらかじめカード情報を登録しておく必要がある。

対してこの商品にはあらかじめ登録するカードなどは存在しない。にもかかわらずまったく初めての取引顧客を相手に、10秒程度で与信が下りるのは驚くべき事実である。

また商品の発注から「2カ月間の支払い猶予」が得られる。決済手数料の324円で2か月の支払い猶予が得られるのはこれ以上ない魅力であると言える。

口コミによると、決済期間内で5万4000円の与信枠が申込者に対し付与され、この範囲内であれば同時複数回の利用もできる模様だ。

そして決済手数料も安い。クレジット決済の中にもスキップ払いと言うサービスがあるが、クレジットカードを持たない人は当たり前の事ながら利用ができない。

仮にクレジットカードを持っている人でも、買い物の内容によっては2カ月スキップの手数料より安上がりになるかもしれない。カードを持っている人、そうでない人もいずれの場合においても、至極便利で安上がりなシステムであると言えるだろう。

そして加盟店にとって一番の問題である決済コストについては、手数料・月額費用・請求書発行手数料ともに業界最低水準であり比較的低価格の商品に対してでも支払い方法として利用でき得る決済方法である。

便利ではあるが使い方は気をつけたい

給料日前やほかの支払予定があり、どうしても資金がないなどの絶妙なタイミングで欲しい商品の大特価セールを見かけたり、以前から必要を感じていた商品が期間限定で売り出されていたりして、悔しい思いをすることはあるだろう。

クレジットカードを持たない人たちにとって、このような感覚でショッピングができるのは便利だろう。

ただ支払いを猶予できるからといって、無理な買い物は禁物だ。あくまで計画的に使いたい。(ZUU online編集部)

※お詫びと訂正 GMO後払いサービスの実施主体について一部誤りがありましたので訂正いたしました。関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)