特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
欧米
Written by ZUU online編集部 4,269記事

直筆アイテム競売ランキング

著名人の直筆はどれぐらい価値がある?手紙1通最高6億円

オークション,コレクション,ランキング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

インターネットの普及によりメール時代となった近年、手紙を書く機会が著しく減ったという人が多いだろう。しかし直筆には書き手の人柄や体温が伝わってくるような独特の温かみがあり、著名人となればそれ相当の価値をもって評価される。すでに故人となっていればなおさら価値はあがる。

実際にどれほどの金銭的価値があるものなのか、欧米メディアに掲載された近年のオークション結果を参考に、下記のランキングにまとめてみた。

史上最高額で競り落とされた「直筆」は英科学者、フランシス・クリック博士が寄宿舎にいる12歳の息子に宛てた手紙で、その価格はなんと7億円。この手紙に桁違いの価値を与えたのは、後に米科学者、ジェームズ・ワトソン博士とともにノーベル生理学・医学賞を受賞することとなった、DNAの二重螺旋構造を発見したことについて書かれている点だ。

「直筆」の価値の大きさが伝わる一例を挙げると、2013年にマーキュリー氏のロールスロイスはが7万4000ポンド(約1063万円)で落札されたが、その3年後には直筆で歌詞を書きこんだ1冊のノートが898万円で売れた。ロールスロイスとノートの差額がわずか165万円というと違和感があるが、これぞ直筆が世間を魅了するパワーといったところだろう。

ほかにも昨年、オードリー・ヘプバーン氏の手紙10通分が1万1250ポンド(約162万円)で、今年にはいってからはウェールズ公妃ダイアナの手紙6通分が1万5100ポンド(約217万円)で落札され話題を呼んだ。

近年、直筆アイテムが最も高額で落札された著名人

10位 ジェームス・ディーン(手紙)2万2500ドル/約263万円 落札:2011年
9位 ジョン・レノン(手紙)3万ドル/約351万円 2016年
8位 アンネ・フランク(詞)3万2000ドル/約374万円 2016年
7位 ウィリアム・ブレイク(手紙)3万5000ポンド/約503万円 2015年
6位 エルヴィス・プレスリー(書きこみがされた聖書)5万9000ポンド/約848万円 2012年
5位 フレディ・マーキュリー(歌詞)6万2500ポンド/約898万円 2016年
4位 ジョン・レノン(歌詞)24万4287ポンド/約3510万円 2016年
3位 ナポレオン・ボナパルト皇帝(手紙)27万6000ポンド/約3965万円 2007年
2位 アルベルト・アインシュタイン(手紙)42万625ドル/約4921万円 2015年
1位 フランシス・クリック(手紙)530万ドル/約6億2010万円 2013年

(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
地方公務員の年収ランキング!1位は関西指折り高級住宅街の◯◯市?(外部)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
収益不動産価格は上昇! 売却を視野に入れた不動産投資(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
日本で唯一「シワを改善する薬用化粧品」が証明。ポーラ・オルビスグループの底力(PR)

著名人の直筆はどれぐらい価値がある?手紙1通最高6億円
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV トランプ大統領下で期待されるインフラ投資の拡大
NEXT 走った分だけ楽々返済、次世代自動車ローン「Happy Miles」