3月株主優待特集 特集「2016年回顧→17年展望」 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 「トランプ大統領」誕生へ DC特集
特集「2016年回顧→17年展望」
サクソバンク
Written by ZUU online編集部 1,016記事

女性1位は日産の……

「新成人の欲しいクルマ」ランキング 男性の外国車志向高まる

成人,クルマ,ランキング,BMW,レクサス,プリウス
(写真= VanderWolf Images / Shutterstock.com)

若者のクルマ離れが長く叫ばれているが今年の新成人はクルマに対してどのように考えているのだろうか。将来、日本の自動車市場を担うことになる新成人たちとクルマの関わりについて考えてみたい。

新成人はクルマを持つことに対して前向き?

ソニー損保が今年の新成人1000人に対してクルマに関するアンケート調査を行った。

運転免許の保有率は56.3%。そのうちオートマ限定は32.9%、残りの23.4%はMTも運転できる免許だ。さらに今後免許を取ろうと思っている人の割合は32.7%であり、80%を超える人たちが免許を取得する意思があるという結果となった。

現時点ですでにクルマを所有している人が16.8%、また購入の予定がある人が6.8%で多くはないものの、現在は購入する予定がないが、いつかは欲しいと思っている人が49.7%もおり、これらを合わせると新成人の73.3%がクルマの所有に対して前向きであるということが分かった。

免許の取得に関しては就職の時の資格欄に役立つこともあり必要条件になっていると言えるが、いざ所有ということになると数字はだいぶ下がってしまっているのは気になるところだ。もう少し深く見れば、所有率の地域格差も関わってくる。地方では19.5%たが、都市部では10.4%とかなり低く、公共交通機関の発達している都市部では自動車を持たなくても十分に生活して行ける場合が多いということを示している。

自動車の利用経験率では、マイカーの所有率が低い都市部ではレンタカーが37.5%、カーシェアリングが7.3%であり、地方ではそれぞれ25.9%と4.0%という数字が出ている。特に都市部ではクルマを持たなくてもレンタカーやカーシェアリングで済んでしまうということでもある。データにはなかったが、都市と地方では利用経験の走行距離数にはかなり差があるのではないだろうか。

新成人は免許を取って間もない人が多く、最初は運転への恐怖感を少なからず持っているだろう。カーナビが発達して昔よりもハードルは低くなったものの結局は、走行距離を伸ばし経験値を積んで慣れていく他はない。レンタカーなどでたまにしか運転をしないとなると、なかなか上達せず、運転することが億劫になっていくのではないだろうか。特に道が狭く、渋滞もあり、都会での運転はスキルが必要になるので、運転をする必要がなければ、ペーパードライバー化が進んでしまう恐れがある。

輸入車や高級車に人気が集まる

新成人にどのクルマが欲しいか複数回答で聞いたところ、総合1位は「プリウス(トヨタ)」(16.6%)、2位は「アクア(トヨタ)」(15.8%)、3位は「BMW(3シリーズ/5シリーズなど)」(14.3%)、4位は「フォルクスワーゲン(ゴルフ/ポロなど)」(14.0%)、5位は「アウディ(A1/A3など)」(13.9%)となった。

1位と2位を見れば燃費重視かと思うだろうが、その差はあまりない。それよりも昨年と比較すると17位だったレクサスが今年は6位になり、昨年14位だったメルセデスベンツが今年は8位に、そしてアウディは昨年の8位から5位にランクアップするなど、海外メーカーや高級ブランドが順位をあげており、新成人たちは輸入車や高級車に憧れを持っているということが分かる。

このラインアップを見るとテレビやWebのコマーシャル、あるいはインプレッション記事などのイメージから、欲しいクルマが出てきているのではないかと思う。露出の回数とイメージ戦略に左右されているようだ。

男女別にランキングをみると、男性の1位は「プリウス」(20.2%)、2位は「アウディ」(19.6%)、3位は「BMW」(19.4%)だ。そのほか、6位に「GT-R(日産)」(16.2%)、8位に「86(トヨタ)」(15.4%)、10位に同率で「レガシィ(スバル)」や「インプレッサ(スバル)」(ともに11.9%)がランクインし、走行性能の良さが評価される結果となった。

一方、女性の1位は「キューブ(日産)」(17.2%)、2位は「アクア」(14.2%)、3位は「プリウス」(12.8%)となった。そのほか、7位に「タント(ダイハツ)」(10.8%)や、9位に同率で「ムーヴ(ダイハツ)」や「モコ(日産)」(ともに9.9%)など、軽自動車が上位にランクインした。見た目も可愛くかつ小型で運転しやすいイメージのクルマが上位にあがり、男性よりもより現実味を帯びたセレクトになっているのが特徴だ。

現実的でコスト意識の高い新成人

クルマに対する興味がないわけではないし、欲しいクルマもあるそんな新成人たちだが、実際にクルマを所有するということにはなかなか至らないのではないだろうか。その理由がコスト意識の高さだ。

クルマを持つとしたらどれくらいの月収は手取りで必要か、という答えには平均が24万円という回答だった。一か月にクルマに対してかけられるお金の平均金額は17,624円だったが、1万円以下が62%となっており、財布の紐の固さが伺える。そして何よりも、クルマを所有する経済的な余裕がないと答えた人は68.4%にものぼる。

このような傾向の新成人にとって真の意味でのリーズナブルなクルマやコストパフォーマンスの高いカーシェアリングやライドシェアなどのサービスを生み出して行かないとならない。だが、この厳しい競争を勝ち抜いた企業は、大きな成功をつかむことになるだろう。(モータージャーナリスト、高橋大介)

【編集部のオススメ記事】
あの有名企業への合格判定はA判定?あなたのビジネスパーソンとしての偏差値を測る(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
実益に加えて社会的意義も! 太陽光投資が持つ可能性(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
日本で唯一「シワを改善する薬用化粧品」が証明。ポーラ・オルビスグループの底力(PR)

「新成人の欲しいクルマ」ランキング 男性の外国車志向高まる
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

「自動車特集」 バトルを制するのはどこだ?

PREV ホワイトハウスがAI普及と米国経済への影響に関するレポート公表
NEXT 高齢者、子育て世帯など住居に困る人のための「住宅セーフテ...