オートサロン,メルセデス,ルノー,日産,GT-R,マツダ,ロードスター
(写真=筆者)

1月13日から15日まで開催された東京オートサロン2017(千葉・幕張メッセ)は、3日間で32万4000人来場、2015年から3年連続で30万人を超えているほどの人気だ。

東京オートサロンはカスタムカー文化の確立を目指して1983年に東京エキサイティングショーとしてスタートした。87年に東京オートサロンと名称を改め、今回は35回目。

チューニングカーが多いことから、「暴走族の集まりのようだ」と口さがない人もいるようだが、近年は自動車メーカーやインポーターの出展も多くなり、以前とは違う落ち着いた雰囲気もあり、モーターショーよりも振り切ったコンセプトカーが並んだ。

メルセデス・ベンツ 50周年のAMGをズラリ展示

メルセデス・ベンツは2015年の東京モーターショーで発表した、ユーモラスなフェイスを持つ「Vision Tokyo」のコンセプトカーを置き、自動運転の未来像をイメージさせるブースづくりをしていた。

自動追従走行や、ウィンカーを操作するだけで自動的な車線変更が可能になり、道路からクルマが飛び出してきたときにも対応できる自動緊急ブレーキなど、インテリジェントドライブと呼ばれるメルセデスの安全性能を結実させた技術も紹介していた。

中でも注目は、今年で創立50周年を迎えるメルセデスのハイパフォーマンスライン、AMGをズラリと並べたところだ。スーパーGT300にも参戦しているメルセデスAMG GT3をはじめ4.2リッターV8ツインターボエンジンを搭載したAMG GT Sなど、モータースポーツの技術を応用し公道でも走行性能が高いAMGが一堂に会した。

最近、東京・世田谷に世界で初めてのAMG専門店を作ったことからも、メルセデス・ベンツがAMGに力を入れていることが伝わってくる。

フォルクスワーゲン チューニング関連2社も出展

フォルクスワーゲンというとどんなイメージをお持ちだろうか。街でよく見かけるゴルフのスタイルから、好き嫌いがなく無難と考えている人もいるかもしれない。

だがゴルフGTI/Rには究極のスポーツ走行を求めるファンもたくさんいる。そんな人たちのために2つの会社からチューニングパーツが登場し、オートサロンでお披露目された。

1社はコックス社。車種専用設計を基本とした製品開発を行っているチューニングブランドだ。もう1社は1946年に初代ビートルのチューニングメーカーとしてフランクフルト近郊に設立されたエッティンガー社だ。

コックスからはボディダンパー、スタビライザー、スプリング、ブレーキパッドなど、走る・曲がる・止まる特性を高めたパーツが出品され、エッティンガーはフロントバンパーやマフラー、サイドスポイラーなど、エアロパーツが中心。ゴルフGTIやRをより精悍なルックスに仕上げていた。

ルノー・ジャポン 都心で見かけることが増えたトゥインゴなど展示

ルノー・スポールF1チーム「Renault RS16」ショーカーを始め、メガーヌルノー・スポール273、ルーテシアルノー・スポールトロフィーLS、ルノートゥインゴが展示された。

最近、トゥインゴの人気で都心でもよく見かけるようになったこともあり、今回はよりルノーに興味を持ってもらえるきっかけとなったかもしれない。

日産自動車 GT-RのNIZMOバージョンなど展示

ルノーと同じグループである日産は、スカイラインやセレナの「+プレミアムスポーツコンセプト」に加え、「GT-RMY17プレミアム・エディション」「セレナ Rider」や「ノートe-POWER NISMO」など話題のカスタムカーを展示。

特にGT-R、フェアレディZ、ジュークなど、白いボディに赤いラインやアクセントが入ったNISMOバージョンが数多く展示されていることもあり、統一感のあるブースに感じられた。

マツダ 初代ロードスターのクラシックレッドが蘇った

一目でマツダ車とわかる鼓動デザインをまとった最新のCX-5に、サテンメッキのエアロパーツと大径アルミホイールを履かせたカスタムスタイル2017が展示された。

ほかにもロードスターのRFにフロントアンダースカートとリアスポイラーなどと内装にアルカンターラを組み合わせたものや、CX-3、デミオなど、さまざまな車種でカスタムスタイル2017が披露されたが、どれもシンプルに上質なカスタマイズに仕上がっている。

特に見る人を惹き付けていたのが、現行ロードスターの外装色をクラシックレッドバージョンにしたものだ。27年前の初代ロードスターのクラシックレッドが現代に蘇った。

英国ライトウェイトスポーツ ケータハムが「7 スプリント」を出展

意外だと思われるかもしれないが、東京オートサロンではイギリスのライトウエイトスポーツカーブランドが複数出店をしていた。

3-ELEVEN、LCJ-エキシージ スポーツ 350、エリーゼ スポーツ220の3台を出展したロータスは、ボンドカーとしても有名なので、名前を知っている人も多いだろう。

ロータスに関連してケータハムもオリジナル7の発売から60年経った記念モデル、7 スプリントを出展した。

ゼノスも見逃せない。車重700kgに対し200馬力というスペックをもつゼノスはなかなかお目にすることがなく、珍しいものだった。

東京オートサロンは大人の車好きも楽しめるものとなってきている。来年は足を運んでみてはいかがだろうか。(モータージャーナリスト 高橋大介)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)