政策金利,ランキング,日本
(写真=Thinkstock/Getty Images)

最新のトレード情報(2017年1月更新)から、日本は世界187カ国・地域中4番目に政策金利が低いことが明らかになった。最高金利国、ガーナと比較すると、ガーナの金利は日本の255倍ということになる。

政策金利の高い国、低い国のトップ10には、需要と供給のバランスがわかりやすく反映されている。発展国ほど金利が低く、開発途上国ほど金利が高くなる。欧州圏からは経済大国ランキングの常連である英・仏・独などが、このランキングでは低金利国にはいっている。

圏外ではロシア(10.0%)、ベトナム(6.50%)、インド(6.25%)あたりの金利が高く、中国(4.35%)、インドネシア(4.75%)などから5%をきる。香港(1.0%)、韓国(1.25%)、米国(0.75%)は軒並み低金利だ。

アルゼンチンに至ってはかつての最高金利が1390%という点に驚かされるが、クロアチアはそれを上回る4291%(現在は2.5%)という時期もあった。これまでの最低金利はスイスとシンガポールの‐0.75%だ。

このランキングは国際トレードデータ会社、トレード・エコノミクスのデータを基に作成した。

高金利10カ国 開発途上国が独占

10位 アンゴラ 16.0%(150.0%:8.75%)
9位 ベラルーシ 17.0%(480%:10.0%)
7位 イラン 20.0%(22.0%:10.0%)
7位 ハイチ 20.0%(31.0%:7.0%)
6位 ベネズエラ 22.49%(83.73%:12.79%)
5位 ガンビア 23.0%(34.0%:12.0%)
4位 モザンビーク 23.25%(23.25%:7.50%)
3位 マラウイ 24%(75.53%:13.0%)
2位 アルゼンチン 24.75%(1390%:12.0%)
1位 ガーナ 25.50%(27.50%:12.5%)

低金利10カ国 スイスは超マイナス金利

10位 シンガポール 0.46%(過去最高20.0%:過去最低‐0.75%)
8位 ニューカレドニア 0.25%(3.0%:0.25%)
8位 英国 0.25%(17.0%:0.25%)
7位 イスラエル 0.10%(17.0%:0.10%)
6位 チェコ 0.05%(39.0%:0.05%)
5位 独・仏など欧州21カ国 0.0%(4.75%:0.0%)
4位 日本 ‐1.0%(9.0%:‐1.0%)
3位 スウェーデン ‐0.50%(8.91%:‐0.50%)
2位 デンマーク -0.65%(15.0%:-0.75%)
1位 スイス -0.75%(3.5%:-0.75%)

(ZUU online 編集部)