選挙が相次ぐ欧州政界の動向を占うオランダ下院選挙(定数150)は、ルッテ首相率いる中道右派の自由民主党(VVD)が第1党の地位を死守した。台風の目となったウィルダース氏の極右政党、自由党(PVV)は伸び悩んだ。ルッテ氏は「民主主義の勝利」を宣言し、ドイツ、フランスなど現政権も安堵した。

ルッテ氏が「民主主義の祝日」と勝利宣言

「今日は民主主義の祝日だ。間違ったポピュリズム(大衆迎合主義)を食い止めた」

ルッテ氏は早々にこう勝利宣言した。開票率95%の時点でVVDが33議席を獲得して、前回選挙の41議席から減らしたものの第一党を維持した。

PVVは15議席から20議席へと議席を伸ばしたが、二番手にとどまった。三番手は中道系のキリスト教民主勢力と民主66のそれぞれ19議席だった。

ドイツのメルケル首相やトゥスク欧州連合(EU)理事会議長らが相次いで、選挙結果を歓迎した。VVDの勝利は、有権者が右傾化を憂慮した結果であると分析され、それを支えた投票率は過去最高の80%前後と高率だった。

オランダがポピュリズムを食い止めたかっこうだ。第一党に届かなかったウィルダース氏は敗北を認めたが、与党連立入りを主張している。連立与党だった労働党は、30議席近く失う歴史的敗北を喫し、少数党に陥落した。中道勢力など多くの政党がPVVを避けており、ルッテ氏は、今後の連立政権づくりの交渉が難しくなりそうだ

Twitter駆使した選挙作戦も実らず

今回の選挙は欧州だけでなく世界で注目されていた。ウィルダース氏はその政略で、「オランダのトランプ氏」の異名を取り、4月のフランス大統領選挙、9月のドイツの連邦議会選挙にも少なからぬ影響を及ぼすと言われていた。

ウィルダース氏は、選挙中TVインタビューを拒否、新聞の取材も一切応じなかった。同氏は専らTwitterを使って、反移民、反EUなどの問題で、過激な言葉を使って国民を煽った。まさにトランプ氏と同じような選挙戦術だった。

PVVは投票直前まで優勢と伝えられていた。ルッテ氏は危機感を感じて、トルコの閣僚のオランダ渡航を拒否し、ポピュリズム支持層を激しく非難するなど、いつもより右寄りの姿勢すら示して、票集めに腐心したほどだ。

EU主要国に及ぼす影響は依然微妙

時を同じくして、新たにイスラム国6カ国の入国を拒否するトランプ氏の大統領令が、裁判所から再度拒否された。

トランプ、ウィルダース両氏が展開したイスラム・テロの脅威、反イスラム、反移民のキャンペーンは、国民多数の支持を得られなかった。

フランスやドイツなどEU主要諸国では、ISテロの影響をまともに受けて反移民感情が徐々に高まっている。フランス大統領選挙(4,5月)そしてドイツの連邦議会選挙は、オランダの選挙結果の影響を受けざるをえないが、依然微妙な情勢であることは間違いない。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)