特集「保険」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 特集「不動産投資のはじめ方」 DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 6,792記事

現在第一党の自民はどうなる?

7月の都議選予想、小池知事の「都民ファーストの会」が過半数を獲得?

東京都議会議員選挙まであと3カ月。6月23日告示、7月2日投開票の予定だ。「選挙ドットコム」が過去最大級という2万2500人あまりの都民に電話調査して発表した都議会(全127議席)選挙の予想では、「都民ファーストの会」が66議席で過半数、自民党は22議席という結果になった。自民党は前回の59議席から30議席以上も失うという事態で、公明党(予測は23議席)より下位の都議会第3党に転落してしまいそうだ。

この予測の前提条件は、「都民ファーストの会が東京都全選挙区(42選挙区)で立候補者を擁立する」、「2017年3月3日現在の後任候補予定者で予想」の2点だが、まだ公認候補者が不在の選挙区も多くあるのが現状だ。定数127議席の東京都議会は現在、自民党59、公明党23、民進党15、共産党17、生活者ネットワーク3、維新の会2、みんなの党7、無所属1という勢力図だ。

 存在感を見せずにいる会派は埋没か

予測では、都議会でほとんど存在感を示すことができない民進党は17議席から5議席へ激減、小池支持層からも一定の支持を受けている「共産党」も6議席減の11議席へと議席数を減らしそうだ。維新の会、みんなの党に関しては、まったく議席を得られないという厳しい予想になってしまった。

まだまだ今後の展開で予想数字が変わってくる可能性も残っている。今回の選挙は実際のところ小池知事対「自民党東京都議団」「自民党東京都連」という構図になっている。しかし、元をただせば小池知事は党費を払っていないというが自民党党員で、自民党東京都連豊島練馬・(東部)支部長だった。それに現豊島・練馬(当部)支部長は、小池支持を鮮明にしているが、自民党公認で当選した若狭勝現衆議院議員。現在はこの2人に対して自民党党本部が非常にあいまいな態度を取っているが、今後はどうなるのかが分からない。

特に、自民党都議団は党本部の指示により小池知事に対して対決姿勢を強めているようなので、今後の展開が読みづらくなっている。「民進党」と「共産党」の選挙協力の話もあり、まだまだ何が起こるか分からない状況だ。

現状では自民党と公明党で都議会の過半数を占めるため、このままでは議会運営がスムーズに運ばない可能性が高い。そこで小池都知事は地域政党「都民ファーストの会」を立ち上げ、支持を表明して合流した生活者ネットワークの現職都議や自民党でありながら都議選で支持に回った区議、自ら主宰する「希望の塾」のメンバーなどを都議会議員候補として準備している。さらに自民党や民進党会派から離脱した現職都議も加わっている。果たしてあと4カ月の間に各党はどう対策をたててくるのだろうか。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
年収が200万円上がる!? 会社員だから知っておきたい◯◯型収入って?(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
「平均480万円削減!」住宅ローン借り換えサービス 面倒な手続きはすべてお任せ(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
会社をさらに成長させるため、ライバル企業が取っている戦略とは(PR)

7月の都議選予想、小池知事の「都民ファーストの会」が過半数を獲得?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 「性交渉未経験」の30代男性は何割? 「不倫」経験ある女性...
NEXT 「不適切会計」開示した上場企業、2016年が過去最多に