米国の電気自 動車メーカー、テスラの時価総額がフォード・モーターを抜き、ゼネラル・モーターズ(GM)に次いで全米2位となった。株価は3日の終値で298.52ドル。前の週末に比べて7%高く、過去最高を更新している。時価総額は486億ドル(5兆4000億円)、フォードの454億7000万ドルを27億ドルほど上回っている。

テスラの2016年の販売台数は、8万台弱。それに対しフォードの販売台数は670万台だ。約80倍もの販売台数を誇るフォードの株価は、4月3日の終値で約2%下がって11.64ドルに。

「モデル3」の発売で投資家たちに評価される

テスラ,イーロン・マスク,時価総額
(写真=プレスリリースより)

2003年に設立されたテスラの主力は高級セダン電気自動車「テスラ モデルS」だ。2016年7月から9月の間、アメリカで最も売れた高級セダンである。販売台数は9156台で、2位のベンツSクラスの4921台の2倍以上となった。

高価格帯の商品が主力だったが、大衆向け「モデル3」の発売が17年末に予定されている。2016年4月1日に発表され、すでに予約が開始されている。モデル3の発売により、イーロン・マスクCEOが掲げる成長目標が達成可能だと投資家たちに評価されている。

また2017年1月から3月の出荷台数は、過去最高となる2万5000台だったことを発表している。これは前年の同期に比べ69%増だ。

3月には中国のテンセント・ホールディングスから約18億ドル(約2000億円)の出資を受けるなど、モデル3の投入に備えた資金調達にも成功している。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)