韓国ソウルの蚕室(チャムシル)に4月3日、高さ555メートル、123階建てのロッテワールドタワーがオープンした。総工費4兆2000億ウォン(約4200億円)、ドバイのブルジュ・カリファ(828メートル)、中国の上海タワー(632メートル)などに次ぐ世界で5番目に高いビルである。

ロッテは、常時2万人の雇用と年約10兆ウォン(約1兆円)の経済効果があると予想。ソウル市も年1兆ウォン(約1000億円)の付加価値誘発と10兆ウォンの経済効果があり、観光収入だけで年間8000億ウォンに達すると分析している。

事故が相次いだ建設工事

ロッテ,韓国経済
(写真=Jung U/Shutterstock.com)

ロッテワールドタワーは117階から123階は展望台やカフェで76~101階はホテル、1~12階は免税店やショッピングモールなど。14階~38階と108階~114階はオフィスが入り、42~71階は分譲住宅となっている。

グランドオープンに先立つ2017年3月22日に予定されていた展望台のオープンは4月3日に延期された。2017年3月10日、役職員や家族にお披露目をする予定だったが、地下1・2階と展望台を結ぶエレベーターが招待客39人を乗せた状態で突然停止。安全再点検の必要に迫られたのだ。

ロッテワールドタワーの建設はトラブルの連続だった。2000年05月に36階建で基礎工事に着手後、123階建の建築許可を得て2011年06月に着工。当初のオープン予定は2014年5月だったが、2012年10月にはビルを支えるメガ柱に亀裂が見つかった。2013年6月には作業員1人が転落死し、負傷者も出ている。

2014年、ソウル市内で道路が陥没する事故が相次いだ。建設地周辺でも陥没が起こり、専門家はタワーの建設工事に起因すると指摘した。2014年9月から、すでに完成していた商業施設がオープンしたが、12月9日に水族館で漏水があり、16日には映画館で数回にわたり騒音と振動が発生、観客の通報で消防隊員が駆けつける騒ぎになった。ソウル市から水族館と映画館の営業停止命令が出され、工事の中止命令も出された。安全性への不安から客足が遠のき、撤収する店も出始めた。施工したロッテ建設は現場管理が不十分としてソウル地検から起訴されている。

観光収入に期待

ロッテは安全性を強調する。2016年9月に発生した慶州強震より大きい地震や秒速80メートルの台風も防げる設計で、20階ごとに合計5箇所の避難安全区域を設置、煙を遮断する除煙設備システムも採用したと説明する。

ロッテグループのコントロールタワーである政策本部や一部の系列会社がタワーに入居し、重光武雄(韓国名・辛格浩)ロッテグループ総括会長や重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長もレジデンスに居住予定という。ロッテグループのイ・ジョンヒョン常務は「オーナーが自ら最高層ビルの安全性を体で示す」と説明する。

ロッテホテルで2014年7月に開催予定だった在韓日本大使館の行事をホテル側から前日にキャンセルし、中国人の利用が増えたこともあって日本人のロッテ離れが進んだ。2017年2月には在韓米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」用地として、同社が所有するゴルフ場と韓国軍所有地との交換に応じ、中国人のロッテ離れも起きている。

ロッテワールドタワーの構想は1987年にさかのぼる。ロッテ創業者の重光武雄総括会長が、見所がないソウルに超高層ランドマークを建設し総合観光団地を開発するとして敷地を購入。30年がかりで実現したロッテワールドタワーが観光の起爆剤となるのか前途は多難だ。(佐々木和義、韓国在住CFP)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)