日本自動車販売協会連合会が発表した2016年度(2016年4月~2017年3月)の新車乗用車販売台数ランキングで、普通車では22万5066台を販売したトヨタ自動車の「プリウス」が5年ぶりの首位に輝いた。トヨタは2016年の新車乗用車販売台数のトップ3となっている。

車乗用車販売台数ランキング トヨタトップ3を独占

トヨタ,プリウス,ランキング
(写真=PIXTA)

2016年4月から2017年3月にかけての新車乗用車販売台数の1位は昨年の2位から順位を上げたトヨタの「プリウス」。前年比で44.3%売り上げを伸ばし、販売台数は22万5066台となった。

続く2位は昨年首位のトヨタの「アクア」、19.1%販売台数を下げての15万5566台となり、首位のプリウスと7万台近く引き離された。

さらにトヨタと同じく前年比で40%以上売り上げを伸ばしたトヨタの「シエンタ」が3位となり、これによりトヨタはトップ3を独占。10位以内を見ても10台中6台までがトヨタ車となった。

ハイブリッドモデルを追加し、2016年度下期に大きく売り上げを伸ばした日産の「ノート」は、2017年3月期は前月比78.2%増と大きく売り上げを伸ばしたが、総合では4位に留まっている。

●新車乗用車販売台数ランキング

10位 フリード ホンダ 7万5384台
9位 トヨタ ヴィッツ 7万8634台
8位 トヨタ カローラ 8万1391台
7位 日産 セレナ 9万369台
6位 トヨタ ヴォクシー 9万2421台
5位 ホンダ フィット 9万8923台
4位 日産 ノート 12万3938台
3位 トヨタ シエンタ 12万7392台
2位 トヨタ アクア 15万5566台
1位 トヨタ プリウス 22万5066台

軽自動車販売ランキングのトップはホンダ「N-BOX」

また同日には軽自動車の販売台数などをまとめる全国軽自動車協会連合会も軽四輪車通称名別新車販売速報を発表。2016年4月から2017年3月の軽自動車車名別販売台数1位には昨年度から引き続きホンダの「N-BOX」が輝いた。販売台数も前年からさらに11.4%伸ばし、2位を5万台近く引き離しての19万2369台だった。

2位は昨年から4.5%台数を減らしたダイハツの「タント」。3位は同じくダイハツの「ムーヴ」が昨年から15.8%販売台数を伸ばして11万5177台を売り上げた。

4位以下は日産「デイズ」、5位スズキ「アルト」、6位スズキ「スペーシア」、7位ホンダ「N-WGN」、8位スズキ「ハスラー」、9位スズキ「ワゴンR」、10位ダイハツ「ミラ」と続く。

10位以内にランクインした車種で昨年より販売台数を伸ばしたのは、1位の「N-BOX」、3位の「ムーヴ」のほかは、6位のスズキ「スペーシア」、7位のホンダ「N-NGW」の2車種だけだった。

●軽四輪車通称名別新車販売ランキング

10位 ダイハツ ミラ 6万8148台
9位 スズキ ワゴンR 8万3213台
8位 スズキ ハスラー 8万4624台
7位 ホンダ N-WGN 8万6627台
6位 スズキ スペーシア 9万2711台
5位 スズキ アルト 9万6043台
4位 日産 デイズ 10万3193台
3位 ダイハツ ムーヴ 11万5177台
2位 ダイハツ タント 14万8727台
1位 ホンダ N-BOX 19万2369台

(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)