医療情報専門サイトの運営等を行うエムスリー <2413> が4月25日に2017年3月期連結決算を発表した。

売上高は前年同期比21%増の781億円、営業利益は同25%増の250億円、税引前純利益は同25%増の249億円、純利益は同26%増の169億円となり、従来予想を上回る好決算となった。純利益は7期連続の過去最高益を更新、税引前純利益は17期連続の過去最高益を更新する見通しとなった。

主力事業が堅調に推移 海外事業も成長

エムスリー
(写真=PIXTA)

業績をけん引したのは、約4割の売上高を稼ぎ出す医療ポータル事業である。主力サイト「m3.com」は直近5年間で医師会員数が39%増、医師年間ログイン数が94%増と大きな成長を見せており、それに伴い、製薬会社の利用も拡大している。

製薬会社はサイト上で医師へ情報提供を行う事ができ、MRの人件費削減が図れる。医師向け人材紹介を行う、エムスリーキャリアも拡大しており、それらを含めた同事業の売上高は前年同期比22%増の307億円となっている。また、製薬会社からの治験受託事業も順調に推移している。

更に業績を押し上げたのが、海外事業である。米英を中心に調査サービスや医師向け転職支援サービスを提供しているが、同事業の売上高は前年同期比18%増の163億円となっている。営業利益は同2%減の15億円となっているものの、M&A費用の発生が要因であり、今後更なる拡大が期待出来る。

同社は2018年3月期の連結業績予想について、売上高は前期比15%増の900億円、営業利益は同15%増の290億円、税引前純利益は同16%増の290億円、純利益は同15%増の195億円としている。主力の医療ポータル事業の更なる成長に加え、2016年11月に買収した欧州子会社を中心に海外事業の収益貢献が加速すると見込む。

年初来からの重い値動きが一変か

好調な業績と比べ、同社の株価は年初から重たい動きが続いている。年初から4月25日までの株価は約6%の下落となっている。1月27日には前日に発表された2017年3月期第3四半期決算の好業績を受け、終値で3230円を付けたが、長続きしなかった。

株価の上値を抑えている要因は、ソニー <6758> が1月30日に発表した、エムスリー株の売却である。エムスリーの筆頭株主であるソニーが議決権ベースで5%強の株式を売却する事による需給悪化が懸念され、低調な値動きが続いたと見られる。

今回の決算発表を受け、4月26日の同社株は前日比6.12%高となる2966円まで上昇している。需給悪化懸念も一段落した可能性が高い。来期業績予想に基づくPERは約52倍、PBR(実績)は約14倍となっており、成長への大きな期待が株価に込められている。投資を拡大している海外事業の推移が市場の期待に応えるポイントとなるだろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)