鴻海精密工業(ホンハイ)傘下で経営再建中のシャープ <6753> の営業損益が3年ぶりに黒字に転じた。同社が28日に発表した2017年3月期(2016年4月-2017年3月)の連結決算によれば、前期1619億円の赤字に対して624億5400万円の黒字となった。ホンハイ傘下に入ったことでコスト削減が進んでいる。

純利益の黒字転換はあと1歩

シャープ,決算発表,鴻海
(写真=ricochet64/Shutterstock.com ※画像はイメージです)

売上高は前期比16.7%減の2兆506億3900万円。経常利益は同マイナス192億円余りに対して、250億7000万円の黒字となった。最終損益は同2559億円余りの損失に対して248億7700万円の損失と赤字幅が改善し黒字転換への期待も高まる。収益改善が見込めない工場の投資額が回収できなくなったとして、346億円の減損損失を計上したことが原因。また売上高の前期比減少は、ディスプレイ事業やエネルギーソリューション事業(特に太陽光事業)の不振が大きく響いた。

特に、直近の17年1-3月期(4Q)の連結最終損益は、前年同期の1476億円の赤字に対して162億円の黒字となった。売上営業損益率は前年同期のマイナス25.6%から7.8%の黒字へと改善した。

グローバル企業への構造転換

シャープは成長軌道への転換を目指して、構造改革を進めている。「家電メーカー」からグローバルな「人により添うIoT企業」への転換である。

構造改革は、1. 経営資源の最適化、2. 責任ある事業推進体制、3. 成果に報いる人事制度である。今後も技術へ積極投資し、グローバルなブランド強化、新規事業加速の3テーマで今年度内の黒字化を目指す。第三者割当増資によって、総額3888億円の新株を発行したことで、連結および単体の債務超過は解消している。

シャープは同日、コスト削減が予想以上に進んだことを強調した。その結果、2017年2月29日に公表した通期業績予想より、実績が営業利益(31.8%増)、経常利益(153.2%増)、純益ともすべて改善したと、別途発表している。

18年3月期業績見通し公表は5月末に

シャープは同日、2018年3月期の業績見通しや具体的な施策の発表は延期し、5月26日の中期経営計画説明会で公表する予定としている。年間配当は未定、無配のまま据え置きである。

シャープ株式は、28日後場で3月期決算が公表され、兜町では、「前期は債務超過解消」「赤字縮小で上ぶれ着地」「18年3月期業績予測は非開示」などという反応で受け止められている。株価は4月に入って以来340円前後まで下落していたが、中旬以降は400円台に戻って、上振れ基調である。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)