2017年4月には、電気・ガス料金をはじめ、たばこの国産6銘柄やオリーブオイル、生命保険など、生活を直撃するような値上げが相次いだ。日本総研の日本経済展望によれば、個人消費は緩やかな回復傾向にあるものの、決して力強さがみられるわけではないという。そうした中での「値上げ」はやはり痛いが、5月にもいくつもの値上げが予定されている。

電気、ガス料金は4カ月連続の値上げ

大手電力全10社は、5月の家庭向け電気料金を引き上げるという。火力発電の燃料となる液化天然ガスなどの輸入価格が上昇したことや、5月から太陽光や風力などの再生可能エネルギーを利用した発電の賦課金が増えることなどが原因に挙げられている。また、大手都市ガス全4社もガス料金を値上げする見込みで、電力、ガスの全社が値上げするのはこれで4カ月連続となる。

標準的な家庭の電気料金の値上げ幅は、最も多い沖縄電力 <9511> が213円で、最少は北陸電力 <9505> の153円程度の見込み。また、ガス料金の値上げ幅は、東京ガス <9531> が62円、東邦ガス <9533> が57円、大阪ガス <9532> が56円、西部ガス <9536> が44円程度と見込まれている。なお、5月の電気料金やガス料金は、2016年12月から2017年2月にかけての原油や液化天然ガス、石炭などの平均輸入価格を基に計算されているという。

ティッシュやトイレットペーパー

値上げ
(写真=PIXTA)

大王製紙 <3880> は2017年3月14日付のプレスリリースで、ティシュペーパー、トイレットペーパー、キッチンタオル他、家庭紙全品について、5月1日出荷分から10%以上値上げすると発表した。値上げの原因としては、ガスや電気などのエネルギーコストをはじめ、輸入パルプ、古紙等の原料単価の高騰が続いており、家庭紙製品を取り巻く環境が厳しさを増していることを挙げている。

同様に王子ネピア <王子HD 3861> も、ティシュペーパー、トイレットペーパー、キッチンタオルなど家庭紙全商品について、5月1日出荷分から10%以上価格を引き上げると発表している。

バターやチーズ

雪印メグミルク <2270> は2017年3月30日付のプレスリリースで、家庭用バターやチーズなど計12品について、5月1日出荷分から値上げすると発表した。対象品目は、バター群が2品で改定率が1.1~1.2%、チーズ群が7品で改定率が2.5~4.3%、ドライ群が濃縮ミルク1品で改定率が15.2%、ギフト群が2 品で改定率が2.6%などとなっている。

酪農生産者戸数や乳牛飼養頭数の減少傾向が続いていることなどから、厳しい状況が続いている国内の生乳需給状況において、生産者所得の確保も必要に迫られているということもあって、値上げに踏み切らざるを得なかったものだという。

タイヤ

東洋ゴム工業 <5105> は2017年3月29日付のプレスリリースで、「トーヨータイヤ」のブランドで知られる国内市販用タイヤのメーカ-出荷価格を、5月1日出荷分から値上げすると発表した。乗用車用タイヤ、バン用タイヤについての平均値上げ率は、5.5%になる。

値上げの原因としては、自動車用タイヤの主な原材料となる天然ゴムについて、昨年来価格の高騰が続いていることや、合成ゴムの原料として用いられる石油化学系原材料価格も高値圏で推移していることなどが挙げられている。

海苔製品

「味付のり」「焼のり」などで知られる大森屋 <9433> は、2017年3月に発表したプレスリリースで、5月1日出荷分から海苔製品全般の価格を値上げすると発表した。同社の値上げは3年連続で、今回の値上げ幅は、市販用商品で小売価格ベース5%程度が予定されているという。

値上げの原因は、海苔の全国的な生産量の減少によって原材料価格が高騰していることにあり、すでにニコニコのりが4月出荷分から値上げを実施、白子のりも5月出荷分からの値上げを発表している。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)