米大統領選で敗れたヒラリー・クリントン氏がTwitterを通じて新政治団体「オンワード・トゥゲザー(共に前へ)」の設立を発表した。昨年11月、トランプ氏に敗退して以来の政治活動復帰である。

米国社会の分断を助長しているとの批判が根強いトランプ政権に対抗し、市民の結束や政治参加を促し「進歩的価値観」を推進するのが狙いという。クリントン氏は同時に、政治活動を目指す民主党の女性候補を育てる団体や、司法や警察における人種差別と闘う団体などへの支援を表明した 。

「市民参加は民主主義に不可欠」とクリントン氏

大統領選,ヒラリー
(写真=Krista Kennell/Shutterstock.com)

クリントン氏は自身のTwitterで、「過去数カ月、じっくり考え、家族と過ごし、もちろん森の中を散歩もしてきた」「私は市民の参加が民主主義にとって不可欠であるとこれまで以上に信じている」「人々に活動への参加や公職選への立候補などを促すためにオンワード・トゥゲザー(共に前へ)を発足させる」と、政治活動の再開を発表した。

団体のWebサイトが開設され、進歩的な価値観を推進するため、6600万人が支持投票した事実を再起させたいという。声明では「われわれはここ数か月、人々が弱い者いじめや憎悪、うそ、あつれきに抵抗し、より公正で包摂的な米国を擁護するために集まれば何ができるかを目にしてきた」と訴えた 。クリントン氏は今月に入り、自身の現状について「活動する一市民」と表現していた。同氏は現在、トランプ氏に敗れた昨年の大統領選に関する本を執筆しており、年内の刊行が予定されている。

市民活動家から政治活動再開へ変身

クリントン氏は昨年、「ストロンガー・トゥゲザー(一緒の方が強い)」を大統領選キャンペーンのテーマに掲げた、今回は同様の考え方で「共に前へ」を創設した。同氏は「自分は市民活動家」と近況報告していたが、国政もしくは民主党に影響力を行使するかどうかは明らかではない 。

「オンワード・トゥゲザー」は、6600万票の支持票を集めた進歩的なビジョンを進めることを目指すという。クリントン氏と「オンワード・トゥゲザー」は、民主党下院議員を選出するため働く市民団体「Swing Left」、急速に拡大している反トランプ活動家組織「Indivisible」などのグループを支援するとしている。

クリントン氏はノーコメントだが、「オンワード・トゥゲザー」の声明はまた、同氏はトランプ氏より300万票多い6600万票を獲得したと指摘して、トランプ氏を間接的に排除した。

共和党はもちろん中立系市民の政治活動再開に懐疑的

共和党全国委員会スポークスマンのマイケル・アーレンス氏は、クリントン氏がすでに過去の人だと断罪して、「民主党が賢明なら、ヒラリー・クリントン氏とは距離を置くべき時だと知っているはず」(USAトゥデイ)とコメントしている 。

中立系のニュースレター「Inside Elections」の編集者ネイサン・ゴンサレス氏は、クリントン氏の政治活動は共和党には(反撃の)活力を与えるが、同氏が2018年中間選挙あるいは反トランプ活動に決定的な役割を果たす人物として台頭するとは思われないと語っている。(長瀬雄壱 フリージャーナリスト、元大手通信社記者)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)