JR名古屋駅に4月に全面開業した「JRゲートタワー」に出店予定だったヨドバシカメラが、建設遅れで出店を断念したことを理由に、JR東海子会社に違約金などを求めて争った訴訟で、名古屋地裁(加島滋人裁判長)は5月30日、原告の請求を棄却した。

家電量販店大手のヨドバシカメラは、違約金など約16億6000万円の支払いを求めていた。桃崎裁判長は「完成時期を正確に予測することは困難だった」と指摘。「契約書でも『予定』という文言が使われ、時期に関する合意はなかった」と結論付けて、請求を退けた 。

完工1年遅れ理由に出店解約、16億円余りの違約金請求訴訟

名古屋経済,JR,裁判
(画像=Webサイトより)

訴状や報道によると、ヨドバシカメラは2013年1月、JR東海の子会社「ジェイアールセントラルビル」(名古屋市)との間で、ゲートタワーの一部スペースを賃貸借する予約契約を結んだ。当時、開業予定は16年春とされていたが、工事の遅れによって開業が約1年遅れることが判明。ヨドバシは開業遅れによって、時限的な減税措置などを受ける出店計画に重大な影響を及ぼすとして、15年3月に予約契約の解除を通知した。

ヨドバシはさらに、遅延の原因はジェイアール側の事前調査や建設計画の不備だったとして、同年5月に提訴。予約金として振り込んだ約8億3000万円の返還および同額の違約金の支払いを求めていた。ジェイアール側は請求棄却を求め全面的に争っていた。ヨドバシが進出を断念した後、そのスペースには同業のビックカメラが出店。ヨドバシは同年10月、名古屋・栄の松坂屋に出店した。

地上46階建てに高島屋やホテルなど進出

「JRゲートタワー」は今年4月17日、名古屋駅・名駅に地上46階の総合ビルとして華々しく開業した。地上46階建てタワーの地下1階から地上8階にオープンしたのは、ジェイアールナゴヤタカシマヤ(B2-11階)、専門店街タカシマヤゲートタワーモール(B1-8階)が入居した。JR東海の柘植康英社長は記者会見で、「モールには、名古屋になかった店が多く出店した。ビル事業を会社の基盤となる大きな柱に育てたい」と記者団に語った。

ゲートタワーにはこのほか、ナゴヤマリオットアソシアホテル(20-49階)、JRゲートタワーホテル(18-24階)、ゲートタワープラザ、レストラン街(12-13階)や、ビックカメラ、ユニクロ、GU(ジーユー)などテナントが入る。さらにゲートタワーオフィスのほか金融機関(29階)、ゆっくりくつろげる献血ルーム(26階)、ゲートタワークリニック(26階)、フィットネスクラブ、保育所「キッズクラブ」、会議室、B1F地下街などある。1階はJRが乗り入れ、バスターミナルもある。

地上46階建てに高島屋やホテルなど進出

JRゲートタワーは、オープンから9日で,早くも100万人が来館する盛況ぶりである。愛知県内外から子ども連れや10-20歳代の女性に特に人気を集めている。

10年後先行開通を目指すリニア新幹線は、同タワーの地下5,6階をリニア中央新幹線駅の一部として使用する予定。JRゲートタワーは、発展する中部地方、特に愛知県の象徴的ビルとして耳目を集めている。(長瀬雄壱 フリージャーナリスト、元大手通信社記者)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)