種類株や取締役の再編をめぐり、内部で対立が続いていたゼネラル・モーターズ(GM)だが、2017年6月の株主総会で 、GM株の3.6%を保有する米ヘッジファンド、グリーンライト・キャピタルによる提案を否決した。

著名投資家、デヴィッド・アインホーン氏率いるグリーンライトの狙いは、改革による株価の上昇だったが、今回の投票結果を見るかぎり、大部分の投資家はGMの現状に満足しているようだ。

株価は押し上げたいが、大胆な改革は望まず?

GM,株主総会,ヘッジファンド
(写真=Thinkstock/Getty Images)

株主総会にあたり、グリーンライトからは「普通株を配当付き株と、利益優https://zuuonline.com/archives/155852先株の2種に分ける」「現取締役11人を再任し、新たな取締役を就任させる」という提案が出されていた。この提案は大方の予想通り、91%の反対票で否決された。

総会開始直後、GMの株価は34.43ドルから34.11ドル(約3779円から3744円)まで急落(デトロイト・ニュース調査) 。翌日午後13時の時点では、34.36ドル(約3771円)まで回復している。

米自動車販売サイト「オートトレーダー」のシニア・アナリスト、ミッシェル・クレーブス氏は、「メアリー・バーラCEO兼会長が打ち出した方針に、株主がおおむね満足している」ことが、投票結果に反映されているとコメント。

しかし株価が40ドル(約4339円)の大台に乗っていた2013年などと比べると、勢いに欠ける印象は否めない。バーラCEOは今後も株価を押し上げるための「長期的アプローチ」に、積極的に取り組んでいく意向を示している。

アインホーン氏 は「GMの非効率的な資本構造を改善し、株主が受ける恩恵を無限大に広げる提案」が否決された事実を、「非常に残念だ」と述べている。

シボレーの販売不振から大型リストラ