ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
職場
Written by ZUU online編集部 1,599記事

Vorkersが調査

トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」

「上場企業の時給ランキング2017」が発表され、1位の企業は唯一、時給が7000円を超えることが分かった。ランキング12位までの企業で時給5000円以上となっている。

調査は転職・就職リサーチサイト「Vorkers」が行った。ランキングに使われた時給は、「平均年収」÷{(「月間標準労働時間」+「月間平均残業時間」)×12カ月}で求められている。

「平均年収」は有価証券報告書によるもので、「月間標準労働時間」は各社の標準労働時間。「月間平均残業時間」はサイトに投稿された社員クチコミの残業時間を集計して算出している。

上場企業の時給ランキング2017 トップ30

ランキング,時給
(写真=Khongtham/ Shutterstock.com)

(企業名、銘柄コード、時給。純粋持株会社は除く)

30位 KDDI <9433> 4283円
29位 武田薬品工業 <4502>  4318円
28位 長瀬産業 <8012>  4319円
27位 横河電機 <6841>  4330円
26位 生化学工業 <4548>  4354円
25位 アドバンテスト <6857>  4445円
24位 昭和シェル石油 <5002>  4505円
23位 味の素 <2802>  4601円
22位 エーザイ <4523>  4618円
21位 野村総合研究所 <4307>  4620円

20位 三洋貿易 <3176>  4646円
19位 商船三井 <9104>  4657円
18位 国際石油開発帝石 <1605>  4657円
17位 日本郵船 <9101> 4787円
16位 アステラス製薬 <4503>  4816円
15位 日本オラクル <4716>  4830円
14位 第一三共 <4568>  4875円
13位 双日 <2768>  4946円
12位 電通 <4324>  5062円
11位 三井不動産 <8801>  5068円

10位 丸紅 <8002>  5394円
9位 ジャフコ <8595>  5429円
8位 住友商事 <8053>  5539円
7位 三菱地所 <8802>  5650円
6位 伊藤忠商事 <8001>  6025円
5位 三井物産 <8031>  6296円
4位 ファナック <6954>  6361円
3位 三菱商事 <8058>  6368円
2位 キーエンス <6861>  6548円
1位 GCA <2174>  7682円

1位はダントツでGCA

1位は独立型M&AアドバイザリーファームのGCAで、時給は7682円。7000円を超えたのは同社だけだった。GCAの平均年収は2154万円、1日の標準労働時間は8.0時間、月平均残業時間は73.6時間。上位30社の中で平均年収が最も高く、また、平均残業時間も一番多い。

2位のキーエンスは、ファクトリー・オートメーションの総合メーカー。平均年収は1777万円、1日の標準労働時間は7.75時間、月平均残業時間は71.1時間。やはり残業が多めで、平均年収も高い。

また3位に三菱商事、5位に三井物産、6位に伊藤忠商事、8位に住友商事、10位に丸紅と、5大総合商社が10位以内に顔を揃えた。各社の平均年収は1226万円~1446万円と軒並み高水準だ。

30社の平均時給は5134円

ランキング上位30社の平均時給は5134円となる。東京都の最低賃金(現在は932円)の約5.5倍の額だ。この数字をどう見るだろう。

普段は上場企業の社員の収入を、「時給」という観点から見たりはしない。だが、少し角度を変えただけで、新しい発見があるものだ。今回は平均年収を使って算出しているが、年齢別、職種別など違った切り口で見てみるのも面白いかもしれない。(渡邊祐子、フリーライター)

【オススメ記事 PR】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由

トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 年収アップに直結!「話す力」が身につく本3選
NEXT なぜ中小企業にビジネスモデルは必要なのか?