全国47都道府県の主婦7000人が「お勧めしたい」と選んだご当地名産品を即売する企画「よしもと47シュフラン」が今年、3年目に入った。お笑い戦略をふんだん生かしたシュフランは今年、芸人の余興も交えて地域の消費者を引き付けている。

シュフランは、フランスのミシュランに引っ掛けてはいるが、目線が主婦であるところが大きく違う。「47シュフラン」は2015年に始まった地域活性化プロジェクトである。吉本の大崎洋社長は、エンタテインメント・コンテンツを中心とする企画を、アジア中心に世界にも広めたいと意欲的だ。

「47シュフラン」企画の狙いは?

吉本興業,ミシュラン
(画像=Webサイトより)

「47シュフラン」は、お笑い芸人が商品をSNSでPRし、地域の“いいもの”を知る主婦が商品を集め、アマゾンや特設サイト、直営ショップ、ライブ会場で販売している。「47シュフラン」はこれまでに、全国から683商品を認定した。

例えば、今年4月立ち上がった「福島シュフラン」は、同県の主婦160人がコメや漬物、お菓子、地酒など250点を推薦した。その後、東京・上野の松坂屋で、推薦品の試食選考会を開き、来客の主婦らから9000票近くの評価を集め、159点を認定品として絞り込んだ。6月2日には東京・新宿の「ルミネtheよしもと」で認定式が行われた。それぞれのイベントに、吉本タレントを活かして、集客力を強化した。

台湾、中国など8拠点に吉本コンテンツを展開

5月台湾にお笑いやアートを発信する拠点、「華山Laugh&Peace Factory」がオープンした。台湾人の母親を持つハーフの渡辺直美がメーン・エンターテイナーとなって、「渡辺直美展 Naomi's party」の台湾版を盛り上げた。2月にはまた、ファミリーマートが吉本興業と提携して、「47シュフラン」の金賞に認定たされた10種のご当地商品を、台湾ファミリーマートで販売を開始した。

吉本興業は海外8拠点、中国、台湾、韓国、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、アメリカに、エンターテインメントとビジネスモデルを展開する戦略を推進している。それはジャパンコンテンツの供給や番組フォーマットの販売、現地メディア・企業との共同イベント運営やコンテンツ企画制作やマネジメント業務など幅広い。

吉本興業はさらに2011年、47都道府県「住みます芸人」プロジェクトや「あなたの街に“住みます”プロジェクト」発足している。(長瀬雄壱 フリージャーナリスト、元大手通信社記者)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)