ナスダックの価格データ・テスト中にApple、Amazon、Google、Microsoftなどの大手IT企業株が大暴落、あるいは急上昇したかのような異常な価格が表示された件をめぐり、調査が進められている。

異常事態発生時にはAmazonが87.2%、Appleが14.3%急落したのに対し、Microsoftは79.1%、eBayは253.5%、ジンガは3293%も上昇したと表示されていた。

米国独立記念日前日に起きた「フラッシュ・クラッシュ」

ナスダック,株価,テクノロジー
(写真=Thinkstock/Getty Images)

このエラーは翌日に米国独立記念日を控え、通常よりも3時間早い短縮取引が終了した7月3日に起きた。

CNN やファイナンシャル・タイムズ紙 の報道によると、ブルームバーグ、ロイター、Gooleファイナンスの株が一律123.47ドル(約1万4024円)で表示されるなど、主要株12銘柄以上の価格に尋常とは思えない変動が見られた。

ナスダックのシステムに異常は見られず、あくまで世界各地の取引スクリーン上のみの異変であったため、ナスダック側は「技術的な問題はなかった」とコメント。ブルームバーグを含む「一部のサード・パーティーが不適切なテストデータを広めた」 と状況を報告した。ブルームバーグからはコメントが発表されていない。

「短縮取引がシステムに何らかの影響を与えたのではないか」 との声も、一部の関係者から挙がっている。

テクノロジー関連のシステム障害が相次ぐ金融市場