中国のホワイトカラー向け求職サイト「智聯招聘」が発表した「2017年夏期中国雇主需求と白領人材供給報告」によると、今年の第一四半期、全国の職場競争指数は下落し、平均35.8人で一つのポストを争う。全国37の主要都市の平均報酬は7376元で、前月比で初めて下落した。ニュースサイト今日頭条が伝えた。労働市場の潮目は変わったのだろうか。データを検討し考察してみよう。

北京に集中する傾向

中国経済,今日頭条,求人
(写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)

報告によると2017年の夏期求職期(中国は9月新学期)の全国平均報酬は7376元だった。トップ10は以下のようになっている。

10位 厦門 7206元
9位 ウルムチ 7230元
8位 南京 7263元
7位 寧波 7423元
6位 東莞 7552元
5位 広州 7754元
4位 杭州 7933元
3位 深セン 8866元
2位 上海 9337元
1位 北京 9791元

次に全国人材供需競争指数である。これは受取った履歴書の枚数を、募集している職位数で割ったもの、つまり競争倍率だ。全国37都市平均は35.8人である。そのトップ10は次のとおりだ。

10位 重慶 28.1
9位 広州 29.1
8位 天津 34.0
7位 西安 35.4
6位 大連 36.3
5位 瀋陽 42.1
4位 成都 42.4
3位 上海 42.7
2位 深セン 48.5
1位 北京 89.9

トップ3は変わらない。中でも北京は報酬、倍率とも断トツだ。北京集中の傾向が明瞭になっている。

求職者の多い職種・高給の業種各トップ10

人気職種トップ10を見てみよう。

10位 貿易
9位 快速消費品(食品、飲料、日用雑貨等)
8位 メディア、出版、映画、文化
7位 専門職、コンサルタント(財務会計、法律、労働問題等)
6位 教育、訓練、
5位 ITサービス(システム、データ、メンテナンス)
4位 基金、証券、投資
3位 不動産、建築、建材、工程
2位 コンピューターソフト
1位 インターネット Eコマース

高給の業種トップ10は以下のようになっている。

10位 エネルギー、鉱業 7934元
9位 通信、電信運営 8143元
8位 保険 8246元
7位 不動産、建築、建材、工程 8305元
6位 信託、担保 8339元
5位 銀行 8578元
4位 跨領域経営 8832元
3位 仲介サービス 9159元
2位 基金、証券、投資 9475元
1位 専門職、コンサルタント 1万165元

90后による地殻変動

報告はこれまでの激烈な競争環境がところどころゆるんできたと指摘している。競争倍率は下落し、報酬額も初めて下落した。その原因として2つを挙げている。

まず人口優位性の消失。つまり労働力供給が減少してきた。求職者数と募集職位数の間で、新しい需給局面が出現している。

そして自我、主張の強烈な90后が、群として職場に進出してきたこと。彼らは仕事を単なる生活手段とは考えない。仕事の中で得られる体験を重視するのだ。これは求職者たちに、より慎重な求職姿勢をもたらしている。めったやたらに履歴書を送り付ける現象は減少した。

解読不能の現象は、みな90后のせいだとも聞こえる。とはいえ意識の高いホワイトカラー層から、労働市場に新しい地殻変動を起こしているのは間違いない。そのカギを握るのはやはり90后だろう。彼らの動向からは目を離せない。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
ZUU online8月記事ランキング 丸井は百貨店ではない、300万円超えのスーパーマリオ……
デキるビジネスパーソンは脂を身体に乗せず、仕事に乗せる。(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)