米中経済対話が、終わったところへ、大きなニュースが飛び込んできた。American Express(美国運通)、Master Card、VISAの米国の金融巨頭が、中国での運営許可証を申請する準備に入ったという。ニュースサイト「今日頭条」が伝えている。タイトルは「外資がやって来る、中国金融業30年来の曲がり角」である。

国際巨頭が銀聯カードの独占を崩す

中国経済,クレジットカード,外資
(写真=Pannawit Hongsa/Shutterstock.com)

このニュースの意味するところは分かりやすい。それは国内における銀聯カードの圧倒的地位は、いつまでも保てるわけではないということだ。

もしAMEX、Master Card、VISAが有力な決済ブランドとして、中国市場へ全面的に進出すれば、銀聯カードとの全面的な競争が展開される。その効果でコストは低下し、銀行、ビジネス界、消費者のいすれにも、大きな恩恵がもたらされる。

データによると、2016年末までに発行された銀行カードは、61億2500万枚 発生したカード取引は3兆1154億7400回、金額は741兆8100万元、それぞれ前年比35.5%、10.8%のプラスである。この結果、中国唯一の“銀行カード取引清算機構”である銀聯カードは、世界最大のカード組織となっている。

業界予測では、中国は2020年には世界最大の銀行カード市場となる。カードは2016年の60億枚から90億枚に増え、膨大な市場となるだろう。AMEX Master VISA は当然虎視眈々と進出を狙っていた。なぜなら中国はWTO加盟時から、金融業の対外開放を約束しているからだ。

具体的な開放策

中国のWTO加盟は2001年12月のことである。2016年以降、やっと具体的な動きが始まっている。

2016年6月、中国は関連法を発布し、国際巨頭(AMEX Master VISA)に対し、業務申請ための「街路灯」を点灯した。ここには具体的な申請順序が述べられている。これらの企業は、2年あるいはもう少しの時間で全部の公的審査が終了すると見られる。その中には銀行業監督機構の審査も入っている。

また本年1月、トランプ大統領の就任3日前、中国は“国務院関干拡大対外開放積極利用外資若干措施的通知”を出し、対外開放を一歩進めるとした。公平な競争環境を創造する等、20条の具体策を提示している。さらに5月には米中100日計画に基付いて、7月に外資100%の金融サービス会社の設立申請が開始されると公表した。

この金融サービス会社の許可される業務は、信用格付け、海外決済、電子決済、銀行業、証券業など広範におよぶ。しかしここまでは5月に話がついていた。

金融業は新時代へ突入

今回のニュースの具体的な点は、7月中旬に開催された“全国金融工作会議”“中央財経領導小組十六次会議”を通じて再度開放への道筋を確認したというところである。あとは国内と米国へ向けた、順調に進行中との強力なアピールだ。

人民銀行(中央銀行)や、銀行業監督管理委員会のトップレベルでは、開放に向けた努力が続けられている。中国の金融業は明確に新時代へ突入するだろう。開放、さらにもう一段の開放、そして国際金融巨頭の挑戦をも受け入れる。なぜなら開放と市場こそ中国の変わらぬ重要な旋律であり、われわれが見据えているのはこの一点だけであるからだ、と記事は格調高く結ばれている。

しかし、記事をみると国際巨頭の申請から許可までは2年以上はかかりそうである。少なくない外国人は、さんざんいちゃもんをつけられる、これまでの外資進出の二の舞にならなければいいが、と思っているはずだ。実際の成行きに注目である。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)