2017年第3四半期の決算報告ではサムスンがAppleを追い抜き、「最も利益をあげたIT企業」となるとの見方が強まっている。

サムスンは4月から6月にかけての収益を548億ドル(約6.7兆円)、営業利益を126億ドル(約1.4兆円)と発表。これに対し、8月上旬に発表が予定されているAppleの収益および利益は、449億ドル(約5兆億円)、105億ドル(約1.2兆億円)に留まると予想されている。

チップと有機ELパネル、Galaxy S8の売上は年内継続と予想

サムスン,Apple,利益
(写真=JPstock/Shutterstock.com

CNNなどの報道によると、サムスンの営業利益をほぼ9年ぶりにAppleを超えると予想される水準に押し上げたのは、同社の総営業利益の50%を占めるまでに成長した半導体事業だ。SSDとDRAMの好調な販売で利益が増え、半導体だけでも72億ドル(約7975億4400万円)の営業利益を記録した。

またGalaxy S8シリーズがS7シリーズを上回る売れ行きとなったことも、大きく貢献している。

さらには8月に発売予定のGalaxy Note 8が注目を集めているほか、半導体の需要の継続も期待できる。こうした追い風から、サムスンの快進撃は年末にかけて加速するとアナリストは予想している。

大和証券キャピタル・マーケッツのアナリスト、SKキム氏は、サムスンが主要スマホ—メーカー、特にAppleに7000万枚提供すると報じられている「有機ELパネルによる利益増加も、今後3カ月にわたり期待できる」との見解を顧客に示した。

「本決算ではAppleがサムスンを上回る」との声も

一方BMOキャピタル・マーケッツの調査では、2016年第3四半期にはスマホ産業の総利益の104%を占めていたApple(Investor’s Business Dailyより )だが、予想が的中すればこれまで独走してきた「世界で最も利益をあげた金融機関以外の企業」 の地位を、初めてサムスンに引き渡すこととなる(テレグラフ紙より)。

サムスンはNote 7の爆発事件から50億ドル(約5536億5000万円)以上の損失を引き起こしたといわれるリコール騒ぎ、サムスンの事実上トップといわれた李在鎔電子副会長の賄賂、横領容疑による逮捕など、ここ最近続スキャンダル続きだった。

世界のスマホ総売上の3分の1以上を占める2大メーカー、Appleとサムスンの逆転劇が現実のものとなれば、前途に立ち込める暗雲を一挙に取り払う快進撃となるはずだ。

しかしAppleをしのぐ勢いを、あくまで一時的なものとする声もある。HMCインベストメント・セキュリティーズのアナリスト、クレッグ・ロー氏は、サムスンの利益源はチップ販売に依存している部分が大きい点を指摘。「本決算ではAppleがサムスンを上回る」と見ている(テレグラフ紙より )。

IT専門調査会社IDCのアナリスト、ブライアン・マー氏も、「S7での失態失敗をS8の成功が補う結果になれば良いが」と新商品へ期待をかける反面、やはりサムスンの跳躍にはチップの売上が欠かせないという点では同じ見解だ。

サムスンは2021年までに20.4兆ウォン(約2兆86億円)を投じ、平沢市と華城市にあるチップ工場を拡大する計画 を発表した。

例えAppleを凌ぐ勢いが一時的なものであったとしても、力強い復活を感じさせる流れであることには変わりないだろう。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)