女子高校生・大学生の約6割の女子高大生が、「30歳の自分は結婚している」とイメージしている――。

半数以上の女子高大生が「30歳になったら結婚をして子どもがいる」としている一方、4割近くが「結婚はしていないし子どもはいない」と考えていることが分かった。

「30歳の自分はどうありたい?」の問いでは、「結婚している」が60.9%、「結婚していない」が39.1%。さらに「結婚をして子どもがいる」と思う人が57.1%でもっとも多く、次いで「結婚はしていないし子どもはいない」37.6%、「結婚はしているが子どもはいない」3.8%、「結婚はしていないが子どもはいる」1.5%という結果だった。

調査は、フリューが運営する女子高大生の動向調査・研究機関「GIRLS'TREND(ガールズトレンド)研究所」が2017年6月~7月に実施した。サンプル数は278とかなり少なめではあるが、参考までに見ていこう。

「パートやアルバイトで少し仕事をしている」が32.3%

ライフスタイル,女性
(写真=PIXTA)

仕事についてはどうイメージしているのだろうか。回答は多い順に、「パートやアルバイトで少し仕事をしている」32.3%、「やりたい仕事をバリバリしている」28.6%、「仕事をしていない(含む専業主婦)」21.8%、「フルタイムで仕事をそれなりにしている」17.3%となっている。

前述の「結婚」「子ども」と関連付けて見てみると、「やりたい仕事をバリバリしている」との回答が最多となっている属性が多いことに気付く。「結婚をして子どもがいる」では39.5%、「結婚はしていないが子どもはいる」では50.0%、「結婚はしているが子どもはいない」では60.0%だ。

「子どもがいる」という属性ではいわゆる“バリキャリママ”となることをイメージしている人が多く、いない属性でも好きな仕事に打ち込む自分を思い描いていることが想像できる。

ただ、「結婚はしていないし子どもはいない」とした人は傾向が違っており、「パートやアルバイトで少し仕事をしている(44.0%)」「仕事をしていない(38.0%)」との回答が多かった。仕事にはあまり力を入れずに趣味や婚活などに時間を使っている、というイメージなのだろうか。

「3温男子」志向は続いている

「もし結婚をするなら相手に望む条件は?(回答3つまで)」の問いでは、「優しい(39.9%)」という回答が一番多かった。次いで「自分のことをずっと愛してくれる(35.3%)」、「安定した仕事に就いている(24.1%)」「安心感がある(22.6%)」「顔が好み(17.3%)」と続く。

同社によると、「優しい」「自分のことをずっと愛してくれる」「安心感がある」というのは、女子を温かい気持ちにしてくれる“3温男子”の要素なのだそうだ。同社の前回調査(2015年)ではこの3つが回答数の多いベスト3を占めていたが、今回も見事に上位にランクインしている。女子高大生の“3温男子”志向はまだ続いているようだ。

また、「どんな夫婦関係が理想?」の問いには、「どちらも力関係は同じ『夫婦平等』」が75.2%の支持を集め、「亭主関白(15.0%)」「かかあ天下(9.8%)」を大きく引き離した。

理想の30歳像は現実になり得るか

調査結果をまとめると、女子高大生の理想の30歳像は「結婚していて、子どもあり。やりたい仕事をバリバリやっている。夫は優しくて、自分のことをずっと愛してくれて、安心感のある人。安定した仕事に就いている。もちろん夫の顔は好み。夫婦関係に差はなく平等」だと言うことができる。

日本では晩婚化が進み、問題視されることも多い。厚生労働省の「平成28年度 婚姻に関する統計」によると、平成27年の初婚同士の平均婚姻年齢は、男性30.7歳、女性29.0歳だという。この先、晩婚化はますます進んでいくかもしれないが、新しい流れが生まれることもあるだろう。女子高大生が思い描いた30歳像は、どこまで現実になるだろうか。(渡邊祐子、フリーライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)