高価な割に損害を被る可能性があるものに対し、今日、この日だけは保険をかけたいと思ったことはないだろうか。たとえば旅行中に持ち歩く高価な一眼レフ。そういった「物」に対する補償の対象を絞り、短期間の補償期間に対応し、身近になったスマートフォンで手軽に加入できる「Warrantee Now」が8月末から始まる。

1日10円からかけられる

保険,InsurTech
(写真=PIXTA)

従来の損害保険でいう携行品損害に似た補償だが、24時間加入、解約がおこなえる1日単位で「物」に対して保険をかけることができる。1日10円台から、24時間スマートフォンアプリによって契約、解約をおこなうことができるのが特徴だ。たとえばエアコンや電子レンジ、テレビなどは1日19円からとなっている。

このオンデマンド型保険Warrantee Nowを2017年8月末から提供するのは、スマートフォンで保証書を管理するアプリ「Warrantee」を提供するWarrantee (ワランティ)。同社は、アプリの開発と運営、製品データベース構築をおこなっている。

東京海上日動火災保険との業務提携に加え、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損保、三井物産インシュアランスとも連携することを発表した。保険会社3社が保険引き受け会社となり、三井物産インシュアランスが代理店となる。

国内でもInsurTech拡大へ

「Warrantte Now」に対し似た保険として、火災保険や自動車保険に付帯できる特約、オプションとして携行品損害がある。個人が所有する物に対し、損害を補償する保険だ。

自動車保険では車内・トランク内にあった物に限定されてしまうが、火災保険に付加するものであれば国内外の旅行にも補償する保険会社・商品があり類似している。保険金の限度額など保険会社による違いもある。それらをしっかり把握できずに新たに加入してしまうリスクもある。

ただ、手続きにかかる時間がわずらわしいと感じる人は多い。大切な物に対する不安と、わずらわしさを天秤にかけ補償を諦める層もいたはずだ。普段から慣れ親しんだスマートフォンで、簡単にとなれば広まる可能性もあるだろう。

この手の保険は海外には既に存在しており、「Trov」などが広く知られている。「Warrantee Now」の誕生は、保険分野でテクノロジーを活用したInsurTechが国内でも広がりを見せようとしている兆候といえそうだ。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)